FC2ブログ



左京の剣・荒魂エンドを迎えました。後日談も見ましたよ。
切ないを通り越して身体が若干こわばった感じになっております…。

まず、剣の道に進む前に幸魂の後日談も見ました。
もうそれがだいぶ過去の事に思えますが、香夜とも山城国へ墓参りに行き、
寺子屋も順調そうで、プロポーズに近い事をして香夜を安心させたりと幸せそうでした。

今回は荒魂を上げ続けたので第六章からは剣ルートに突入。
なんか予想していたものとは全然違いました。
左京は武士としての誇りを持って剣の道をいくとばかり思っていたので。。

憎しみの心により妖刀村正に魅入られ、斬鉄を惨く殺すのでは飽き足らず
罪のない人間も殺し続け江戸を騒がす人斬りになってしまった左京。
もう死しか残されていない左京の心だけでも救いたいと願う香夜。
だが香夜は正気を失った左京に斬られ、左京は焙烙玉で自害し二人は死んでしまった。
罪を犯しすぎた左京は地獄へと落とされるが香夜は左京と一緒にいる事を望み
二人で奈落へと落ちていく。

香夜の左京への想いがとにかく強かったところが良かったです。
良かったって言えないけど…。
死後、極楽へ行けるのにその道を捨てて
左京の手をとるってなかなか出来る事じゃないよ。

荒魂の後日談を見るのが怖かったなあ。見たけど。。
左京は香夜を地獄への道に巻きこんだ事を嘆いている一方、
ずっと一緒に居られることは嬉しく思うという複雑な気持ちでいた。
香夜と左京の幸せな日常があまりにもよく出来すぎていて
この後何があるんだという悪い意味でのドキドキした気持ちがありましたが
やはりそれは左京が地獄の業火で焼かれる中見た束の間の夢でした。

左京が矢ノ彦を手にかけたところはかなり衝撃でした。
幸魂エンド見たからこそ結末のギャップが凄かった…。
左京は守りたかったもの全て自分で壊してしまったっていうのがね。。
蛍丸を池に捨てた時点で一族の絆や大切な誇りをも捨ててしまった感。

あと、剣ルートで七重が箱根峠で山賊に乱暴された時に
生娘でなくなったっていう事を告げて笑っていたシーンが凄く印象に残っています。
だから具合悪そうにしていたのか七重…。
鼓はこの事知らないんだろうな。
っていうか朝倉の元から逃げたあとの鼓の消息はどうなったのだろう?
そしてこれで朝倉の計画はどのルートでも未遂に終わるんだろうか?
七重を生贄に使えないわけだし。

…正直剣ルート見て良かったです。見なきゃ勿体なかったわ。。
形はどうであれ左京と香夜が強く想いあっていた事に安心しました。

2015040901.jpg

2015040902.jpg

まあ、こういう結末もあるって事で………。






最新記事