fc2ブログ



今回は第1章「黄色の世界への道」まで。
赤の世界から脱出してマップへ出たところまでです。


(↓発売したばかりなので隠します)


画廊からの道を使って危険度30%で赤の世界から出る事が出来ました。
カイがゲルダを守るために雪の女王の元へと行ったのが意外でした。
この5人で旅を続けていくものだとばかり思っていたしなあ。
私は童話の雪の女王を読んだ事もストーリーを知っているわけでもないので
おおまかな話すらもわからないんですがなんかNHKで前にやっていたアニメを
ちらっと見た時には男の子が捕らわれていたような気がするので
男の子と助ける話なんでしょうか…。
なんだか本の方も読んでみたくなってきました。
というか本の方を読んだ事がなくて
ストーリーを知らないのは損した気分になるというか;

赤の世界での日々は結構長かったように感じます。
リディアが心を開いていってくれるようになる様子が良かったです。
ゲルダが正直どんな人間なのかつかめないところがありましたが
リーゼロッテの指輪を盗みだすところで罪の意識に駆られるところとか、
純粋無垢なところとか、なんとなくどんな子なのかつかめてきたような…。
オルヴァの看病をしていたり、リディアへの態度を見ていると
とても良い子なんだなあというのは伝わってきました。
カイもゲルダもびっくりする程いい人だよ。

第1章を見るとオルヴァはのんびりしているようで冷静で鋭いなあと思いました。
けど天然なのか計算なのかわからない事を
たまに言うのであなどれませんね。

結局リーゼロッテがリディアに命じて
白い薔薇を赤い塗料で塗らせている理由が
はっきりとはしなかったような気がしますが、
リーゼロッテは雪の女王の事を嫌っているから
白い薔薇を赤く染めたかったという理由なんですかね?
なんかウィルもリディアも屋敷に閉じ込められたままだし
はっきりとした解決はしなかったなあ。
雪の女王の従者の話で、ゲルダに入った鏡の欠片が
一番重要なものとわかったのは大きな情報でした。
この先、仲間がどんどん欠けていくっていうことがなければいいけど…。







最新記事