FC2ブログ



2021051501.jpg

読書からはじまる

【著】長田弘 【レーベル】ちくま文庫 【初版発行日】2021/5/10

私が読書に対して持っていた疑問を
著者の持つ考えでレクチャーしてくれる感じでした。

どうすれば読んだ本の内容を忘れずに済むのだろうと考えていたけど
忘れるという事が正しかったんだ。
忘れるから再読できるというのが重要なんだ。
本の友人である上で。

この本を読んで良かったと特に思った点は「子どもの本のちから」の内容です。
子どもの本を子どもだけが読む本だという先入観をなくそうという事。
自分が子どもの頃に存在しなかった児童向けの名作を
大人になったら読むという選択ができなくなるのか?
というところにまず疑問を持たせてくれた。

読書に対する考え方、本との付き合い方を教えてくれる本です。
途中に言葉や情報のくだりもありましたが
その辺は私には少し理解の難しかったです。
わかりやすい言葉で書かれているんだけど感覚で理解するのが難しいというか;

あとがきで知ったがこの本は各地の講演草稿から
すべて新しく書き下ろしたものらしい。
だから章同士の繋がりを感じにくくなっていたのかと納得。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■現実生活の友人はその人が生きているということが前提ですが、
本は死んだ人すべてのなかから、自由に自分で、友人を見つけることができる。
何千年もの昔に友人を求めることもできる。
読むとは、そうした友人と遊ぶということです。(19頁)

■本の文化を成り立たせてきたのは、実はこの忘れるちからです。
忘れられない本というものはありません。
読んだら忘れてしまえるというのが、本の持っているもっとも優れたちからです。(33頁)

■再読は、忘却とのたたかい方でもあれば、
必要な言葉を自分にとりもどす方法でもあるのです。(35頁)

■本は探してもないのがむしろ当たり前だからです。
<中略>
大事なのは、自分で本と出会う事であり、
自分で本を探すという事であり、そうして自分で読むということです。(55頁)

■知ってはいる。しかし、読んだことがない。
そのために大切な何かを落っことしているかもしれない。
そんな風に感じられるような子どもの本というのが、おそらくだれにだってあります。(97頁)

■読書の鉄則は、ただ一つです。
最初に良書ありき、ではありません。
下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる、です。(112頁)

■上手に読むというのは、読んでよかったと、
自分で自分に言える経験をするということです。(115頁)


(2021/5/15読了)





ようやく最新刊に追いつきました!

「もしも千空がアホだったら」シリーズが好きなんだけど
命いくつあっても足りないなこれw

2021051402.jpg

Dr.STONE(17)(18)

17巻

街作りツアーに出発。
まず最初に大量のアルコールを入手する為、アメリカへ。
船旅の途中に武術指南役として氷月達も復活したり、
酒やカジノなど娯楽も増えたり。
戦闘要員が仲間として集結したからこそVSワニの見開きが熱かった!!

アメリカ大陸に到着してすぐ
飛行機やマシンガン、タバコなどの技術を持つ科学者達と遭遇。

18巻

千空VSDr.ゼノ。
お嬢ことルーナがいいキャラしてる。
千空とゼノの人類石化前の関係。ゼノの思想。
千空がかなり危機的状況に陥ったところで18巻終了。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021051403.jpg

Dr.STONE(19)(20)

19巻

敵陣営までの地下トンネルのクラフト。
リスクはあるがコーン・シティ樹立となった。
仲間達との別れと新たなる大陸への船出。
やっぱニッキーは凄い!!

20巻

スタンリー達に追われているものの
ゼノと千空達の共闘は始まった。
地理学者Dr.チェルシーも登場!

スタンリーがキレ者過ぎてあかん…

あともう少しで石化光線の発生源!というところで20巻終了。


(2021/5/14読了)





積み続けていたDr.STONEの続きを久々に読み始めたが
展開も早いしやっぱり面白い!!
宝島編の緊張感が凄かったです…!

2021051302.jpg

Dr.STONE(11)~(13)

11巻

気球を使って空から素材や食料を探しマップ作成。
小麦の発見からパン作りも!
龍水の執事兼シェフのフランソワも登場。
カメラ、油田や鉄鉱石の発見、『ホワイマン』の干渉、レーダー&ソナー登場。

12巻

1年がかりの大型船作り。
残る組と船出組はもう会えなくなるかもしれないという
南の言葉に目頭が熱くなった。
石化の謎を解く「世界冒険チーム」と
本土に残る「人類発展チーム」に分かれた。
千空達「世界冒険チーム」はペルセウスで船出。宝島へ。。
到着してすぐに石化したのはドキドキした…(悪い意味で)
アマリリスとの出会いや黒幕に近づいた感じもありな12巻だった。

13巻

コハクモテ女子大改造計画!
カバーの女子3人組の一人が誰なのかわからなかったが…。
正体を知った時には驚いた!

銀狼の「いつだって戦わずに逃げれるように
こういうそれっぽいだけの無意味な槍の動き!
ずっと練習してきたんだからね……!!」には吹いたww

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021051303.jpg

Dr.STONE(14)~(16)

14巻

ついに硝酸を作り出せるようになった千空。
コハクも銀狼もかっこよすぎて泣いた。
とうとう拳銃も作り出し、石化王国との決戦へ…

15巻

最強の槍使い対決が熱い!!

16巻

石化王国との戦いも終わり、逆探知の結果
ホワイマンの居場所は月だと判明する。
銀狼を「頭首様」と勘違いしていた侍風な男「松風」も登場。
ソユーズという元「名無し」がここまで重要な役割を持っていたという事も
凄かった宝島編はここで幕を閉じた。そして新章へ。

キリサメも仲間に加わり、ついに司を目覚めさせる為に本土へと帰還。
司を復活させた後はロードマップを作成し、
「月」という目標に向けて動き出す。

氷月、モズはそのうちに石化解いてもらえるんだろか??
今解いたらヤバいか。特にモズは;


(2021/5/13読了)





2021051201.jpg

元社長が語る!セガ家庭用ゲーム機 開発秘史
~SG-1000、メガドライブ、サターンからドリームキャストまで~

【著】佐藤秀樹 【レーベル】徳間書店 【初版発行日】2019/9/30

この本を読んでいて著者は「喧嘩っ早い技術者」だなという印象を持った。
セガの初期から家庭用ゲーム機の開発に携わっていたけど
社長に就任したのは最後の方だけっぽい。
そしてリクルートの香山さんが任天堂にどんな不義理を働いたのかが気になった。

基本技術的な話が中心だったので私には難しかったです

この前のコーエーの『シブサワ・コウ 0から1を創造する力』を読んだ時は
光栄の作品に対する情熱と自信を感じてコーエーのゲームを見る目が変わったし
プレイしてみたい!って思わせる内容になっていたが
この本はそういう感じのものではないです。
まあ、あくまでも本書は「ゲーム機の開発史」ですしね。

全部自分達で作ってしまうからサードパーティが参入し辛かった…
というよりも敵を作っていたくらいな感じで書かれていたかも。
けどセガは独自にソフトを色々作っていたからこそ
セガならではな奇抜なソフトもいくつか生まれたのだなと思った。

116頁ではソニーの久夛良木さんとの意外な交流に驚いた。
そしてセガがゲーム機メーカーからソフトウェアメーカーになっていく寂しい感じは
少し味わえた気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この本で初めて知った事は、

・SC-3000って「セガコンピューター3000」って意味だったのか(18頁)
・湯川専務って秋元康プロデュースだったのか(152頁)

という事。

湯川専務の知名度は上がったがドリキャス本体はそんなに売れなかったみたいだけど。。
ブラウザについては色々あったんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良い!と思った一節は、

■「Easy-going(気に病むな)、これが駄目なら次だ。
 それも駄目だったら、また次だ」って連綿と続けていく。
 セガのコンシューマーの歴史っていうのは、その繰り返しみたいなものだ。(90頁)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

難癖付けるわけじゃないけど、普通に読んでいても誤字が目立つなあと思った。
チェックとかしなかったんだろうか?

私が見つけただけでも

109頁「はりし」
117頁「当たり前のいこと」「いろいろやったん。」
138頁「おじいちゃんとい孫」

と、あと二か所あったんだけどメモし忘れた。

マリオを相手にソニックを対比させた比較広告のくだりをみると
今、マリオ&ソニックでオリンピックゲームを出しているという事が凄い事に思える。
当時の広告のような一方的なものではなく本当に正統なライバル扱いになったのかな、と。

私がその当時現行機種として遊んだセガのゲーム機は
セガサターンだけだったけどボンバーマン、人生ゲーム、バーチャファイターキッズ、
ときめきメモリアルとか友達と遊んだ事が今でも記憶に残ってるし楽しかったよ。
同時期の現行機種だった筈のニンテンドウ64や初代プレステはうちになかったけども。


(2021/5/12読了)





2021050901.jpg

ミタマセキュ霊ティ(1)(2)

女子高生のハゼレナには多くの背後霊による行列が出来ていた。
そんなハゼレナを守ろうとする「セキュ霊ティ」のジョーを中心に
繰り広げられる背後霊ギャグです。
基本ローテンションでシュールな作風かなぁ?
少女漫画っぽい絵柄も良い感じです
ジョーは極度に霊を怖がっているが、
顔面に涙が溢れると覚醒してイキりだすのがポイント(ぇ
しかし、霊を怖がるっていうのを抜きにするとかなりハイスペック。


(2021/5/7読了)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021050902.jpg

ミタマセキュ霊ティ(3)~(5)

5巻で完結でした。

「ゆこさえ戦えば」にも近い終わり方でした(こういう終わり方が好き)
ハゼレナとソウヤの喧嘩してるところを見るのが全体通して楽しかった(ぇ
映画見に行く時にミタマが振り回されてるのがかわいそうだったけど;
最後の方はあんまり登場しなかった江戸一コジメの
「真実という名のジッちゃんはいつもひとり!」っていう
全部載せな決め台詞も結構好きw


(2021/5/8読了)






最新記事