FC2ブログ



こんにちは!当ブログへのご訪問ありがとうございます。

「杏仁スノーボゥル」は主に、

●プレイしたゲームの感想やメモ

●日常の出来事や興味を持った事

●二次創作(イラスト)


を、取り扱っているブログです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲームの感想やメモに関しては、
自分なりに思ったこと等を交えて書いていきますので
色々至らない部分や理解が追いついていない部分もあると思います。
あと、私がカプ厨なので男女カップリング要素を含んだ発言も多々飛び出すと思います、ご了承下さい。
そして、ネタバレが多々含まれておりますのでご注意下さい。

(目移りしやすかったり積みゲーが多くて色々と手を出してしまうので
 次に続きからプレイしやすいように進行状況を残している、
 というのが雑記を書いている大きな理由です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021年から新しく作成したカテゴリ「読書記録」
今までは「日常のこと」で「最近読んだ本」として記録していたものと同じ内容です。
感想というよりも個人的な記録用メモだと思って下さい。
そして、こちらに関してもネタバレが含まれておりますのでご注意下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二次創作(イラスト)男女カップリング要素を含んでおります。
企業様、出版社様、原作者様等とは一切関係ありません。

する方はいないと思いますがイラストの無断転載、二次加工、再配布等はご遠慮下さいm(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だいぶ自己満足な「チラ裏に書けよ」的なブログなのでお時間のある方はどうぞ!

2021010903.jpg

またしても久々に落書き。
描いた時間が悪かったのか眠すぎて歪んだり雑だったりorz



※プレイ中のメモをほぼそのまま載せています。

2021040212.jpg

「マグラムロード」クリアしました。
クリアまでのプレイ時間は約30時間でした。
リアルな期間でいうと大体1週間くらいって感じかな?
2021年初のゲームクリアです!

サティウスエンディング。

物語の核心に迫る内容となっているので
ネタバレ大丈夫な方は追記からどうぞ。



[ 続きを読む ]


2021032501.jpg

あつまれどうぶつの森 みんなと作る島生活

「キコル」という女の子を主人公としたあつ森のコミック。
ページ数は少ないんだけど全ページカラーでかわいいです。
DIYやファッション、住民との交流を楽しんだりと
移住してから1年間を通してわくわくするような生活を送っている様子が描かれています。
新キャラで登場しているのはジャックくらいかな?

描かれたのはドラクエ4コマ等でも有名な村上ゆみ子先生!


(2021/3/25読了)





※プレイ中のメモをほぼそのまま載せています。

チャプター8も物語の核心に迫る内容となっているので
ネタバレ大丈夫な方は追記からどうぞ。



[ 続きを読む ]


2021032302.jpg

日本ボロ宿紀行(Kindle版)

【著】上明戸聡 【レーベル】鉄人社 【初版発行日】2018/11/2

元はブログの記事だったものが書籍化された本らしい。
書籍化するにあたって書き下ろしも収録されている。

調べてみたら著者は2021年現在だと大体60歳くらいみたい。

著者にとって「ボロ宿」というのは誉め言葉らしい。
歴史的価値のある宿から古い安宿までをひっくるめ、愛情を込めて「ボロ宿」とよんでいる。
古い物や風情を大切に思っているのだ。
この本はそんな「ボロ宿」を巡る著者の旅行記です。
この方はロマンを感じる事をしているなーと思った。

最初は歯に衣着せぬ言葉(「クソガキ」とか「ムスっとした」とか)が気になったけど
本当に最初だけだったので後はそこまで気にならなかった。
「つゆ焼きそば」が美味しそうだったので食べてみたい。

キター!!と思わず叫びたくなるほどのボロさで、宿というよりただの廃墟のよう。
おっちゃんは「雲海といい勝負」などと言っていましたが、
『雲海閣』さんは一緒にされたくないのでは。(第三章・461)

→「喜楽旅館」の写真が衝撃的すぎた!!

「おやすみなさい。静かに寝ましょうね」(第八章・1832)
→女将さんの釘の刺し方が子供に言い聞かせるようで面白くて
 休憩室で笑っちゃいそうになったw

第四章の「民宿 大清水」の夕飯のくだりや、その前のところてんのところを読んだ時、
小6の時に学校で妻良の民宿に泊まった時の事を思い出しました。
天草を煮て作ったところてんにコーヒーシロップをかけて食べると美味しかったなとか、
あじの干物作りを体験したなとか、サザエ苦手で食べられなかったなとか…。

私は人一倍地理に疎いのでグーグルマップや地図を確認しつつ読めば
もっと情景等が理解しやすかったかもしれない。

あと、この表紙に書いてあるドラマを見てみたくなった。
ドラマだと実際の宿の内装もしっかりと見られるだろうし、
この本とは違った角度から楽しめるかもしれない。


(2021/3/23読了)






最新記事