FC2ブログ



今回は守護の節(1月)の2週目終了くらいまで進んだ。

キャラのレベルが大体Lv.20になってきて、皆ほとんど上級職になってきたけど
第2部って短いのかなあ?
さすがにLv.5くらいに戻るって事もないとは思うし、どんな感じになるんだろう?


↓ ネタバレを大いに含んでいるので大丈夫な方は「続きから」どうぞ。






【星辰の節(12月)】

・フェルディナント&メルセデス(B)発生。

 メルセデスは相手にひるまずに困っている人を助けられるところが凄い。
 そして困っている兵士を助けようとして、
 説得しようとしている相手に強く出られた時に
 フェルディナントが助け船を出すところがかっこよかった。

2019080602.jpg

 けどあいかわらず二人の会話は少し噛み合ってなかった。
 両方ともいい人なのは確かなんだけど…。


舞踏会の行われる星辰の節の最後の夜に男女2人で女神の塔に行って
願い事をすると必ず叶うらしい。

門番からこの話を聞いた後にフェリクスを選択した。

フェルディナントの支援Bとフェリクスの支援Aは発生に時間がかかるようだ。
フェルディナントに関しては早めにスカウトしたいのでなんとかしたいなーと思ったら
現時点でもフェルディナントが青獅子学級に入ってくれた!
支援Cでクローディアの技18・重装D+。メルセデスとの支援Bが影響しているのかは謎。

3週目は白鷺杯。
フレンを出場させて見事優勝しました!
踊り子の資格を獲得。
これって優勝したキャラしか兵種変更できないんですね;


・フェルディナント&メルセデス(B+)発生。

 支援会話Bの続き。
 お金では買えないものがあるという事を伝えたくてムキになってしまったと言うメルセデス。
 それはメルセデスの紋章の血の欲しさに教会に圧力をかけてでも
 メルセデスを養女として迎えた養父と強引な兵士の姿が重なって見えたからだった。
 フェルディナントはメルセデスの高潔さを讃えていた。
 やっと二人が落ち着いて話せた機会だったような気がする。


舞踏会前日。
5年後のガルグ=マク千年祭の時、ここに皆で集まろうと約束した青獅子学級。

舞踏会当日は
ディミトリが幼い頃に互いの素性や身分を知らずに
エーデルと過ごした日々は本当に楽しかったという話をしてくれた。
ここで以前からかわれていた好きな子への短剣のプレゼントの話と繋がるのか。

舞踏会から抜け出して、一人で女神の塔へ行くとそこにはフェリクスの姿が。
誓いは必ず叶うというけどこの場合どうなんだろう?っていう誓いでした。

2019080601.jpg

その後はクローディアが一人で行動している時に
レア様が「ソティスの作った歌」を歌っているのを聞いていたら
睡魔に襲われてしまい、その日は終了した。

課題出撃は旧礼拝堂に現れた魔獣の群れとの戦いと、逃げ遅れた生徒の救出。
だが魔獣の正体は生徒だった。そしてモニカが…。
どんどん雲行きが怪しくなっていくなあ…。

最後に「涙のわけ」というタイトルの意味がわかった…。
ジェラルト、クローディアに話したかった事って何なんだろう?
時を遡っても運命を変える事はできなかった。。


以前ジェラルトに言われた通り、部屋の棚の裏を探した。
そこにはジェラルトの日記があった。

1159年、角弓の節。
ジュラルトが最愛の女性を失った日。
彼女は子供を産む際に命を失ったとレアから聞いていたようだ。

レアが恐ろしくなってしまったジェラルトは火災で赤子が死んだ事にして
修道院から去ったらしい。

私もレア様の考えが読めなくて怖くなってきた。

クローディアの母親はレア様にとっての何なのか気になる。
レア様の姉妹とかなのかな??


【守護の節(1月)】

炎帝、ソロン、モニカが密会しているところを
こっそり様子を窺っていたディミトリとクローディア。
けど結局バレて逃げられてしまった。

炎帝が落としていった短剣はディミトリが昔、エーデルに贈ったものかな…。


支援はロックがかかっていて、今はこれ以上進展しないみたい。

・クローディア&フェリクス(Aに進めない)
・クローディア&ディミトリ(Aに進めない)
・イングリット&シルヴァン(Aに進めない)
・アネット&ドゥドゥー(Aに進めない)
・メルセデス&フェルディナント(Aに進めない)


『トマシュもモニカももうすでに死んでおり、
何者かが彼らに成りすましていたのではないか』とセテスは仮説を立てていた。
この二人の行方不明期間に一体何が起こったんだろう…。

ジェラルトの部屋では
以前ジェラルトが「いつか大切な人ができたら贈ってやれ」と言っていた指輪を入手。






最新記事