FC2ブログ



今回は第13章でデパート地下への情報を入手したところまで。


5ヶ月前のパパVS「終わり」の決戦現場へと赴き運命を変えたシェリー達。
パパはソウルマンの格好をしていた事もあって
少年トゥルースはパパを「自分とは別の人間」だと認識してくれていたみたいなので良かったです;

アイザックは「秘められた力」を解放し、
サー・アンゴルモアの自爆からシェリー達を守ってくれた。

シェリーはパパに状況を説明した。
本当の「終わり」は2000年1月1日に訪れてしまう事を。

そして「運命の歯車」はクロックニーのどこにあるのかという情報を
5ヶ月後までに調べてほしいと約束し、再びAD2000へ。

家の前でパパが待っているところとシェリーの「おかえり!」にジーンときました(;;)

パパと博士の調査で「デパートの地下の未知の領域」と
「メカを開発&製造しているゴッド&ゴーレム社の社員が誰もいない」という事が判明した。

ゴッド&ゴーレム社は1000年前にクロックニーが出来るのとほぼ同時期に生まれたらしいので
ゴッド&ゴーレム社の記録を入手する為にシェリー達は1000年前へ。

そこには歯車で出来た機械の女神像があり、
一番最初の住人である「アダムスキー」という男性がいた。
アダムスキーに経年劣化に強い紙とペンを渡して街が出来ていく様子を日記にしてもらう事に。

なんかアダムスキーってAD1970で工房にいたダンプティ父(ペグレオ祖父)に
似てる気がするけどあんまり関係ないのかなあ。

AD2000に戻りアダムスキーの日記を探す事になったが
どこにあるのかわからないので一番怪しそうなデパート地下へと向かう事になった。
そして「女神様」が「運命の歯車」の可能性は高いらしい。

次は街の下水道へ行こうと思います。
アイザックの強化をしたいけど結構金欠です;


もし「女神様」が善の考えを持っていると考えたら
人間から魂を吸い取ってメカに移す事で「破滅」から人々を救おうとした可能性も考えられる?
未来ではガレキの山になっていたから失敗したんだろうけど…。
それか自分達の扱いが悪い人間への憎悪で行われたのかもしれない。


・シェリー(Lv.45) HP533 E:お洒落なドライヤー(マイトアンプV/ガードアンプV)
 →小粋なシルクハット/サバイバルなベスト/エア厚底ブーツ/ロザリオ
・アイザック(Lv.45) HP820
・オルタナ(Lv.45) HP656 E:ギアーズスレイヤー(マイトアンプV/ガードアンプV)
 →小粋なシルクハット/サバイバルなベスト/エア厚底ブーツ/兎の足

・ペグレオ(Lv.45) HP574 E:玉手箱なリュック(マイトアンプIV/ヒットアンプIV)
・トゥルース(Lv.45) HP615 E:プレイディングギター(マイトアンプIV/ダッジアンプIV)






最新記事