IをクリアしたのでIIをプレイしていこうと思います。
オリジナルモード&EASYでやっていきます。

アドルがイースの本を使ってエステリアに平和を取り戻した後の物語。
イースという国にあるランスの村のリリアが
空から落ちてきたアドルを助けてくれた。
アドルはイースの本を6冊持った状態だけど、武器防具アイテムもなく、
レベルも1からのスタートです。

実はリリアは重い病気を患っているが本人は知らないらしい。

バノアさん(リリアの母)に頼まれて診療所のフレア先生に手紙を届ける事になったが
フレア先生はラスティーニ廃坑で落盤にあって閉じ込められてしまった。
なのでフレア先生を救出してから手紙を渡す事に…。

長老からは聖域トールに赴き、
6冊の書を神官たちに返す事を勧められた。
その時、本当の意味での神官の導きを知るらしい。

今回はフレア先生救出、ファクトの章以外の返却、
ロダの実&セルセタの花入手、ベラガンダー撃破まで進みました。

次はジラ宅の地下室探索&フレア先生に薬の材料を届ける。

正直この「イース」がいつの時代なのか理解できていないです;
サルモンの神殿が氷山(?)の上にあったり、古代王国のはずの「イース」が存在しているから。
けど神官メサの像の話だと
『700年前にイースは魔物の追撃から逃れる為天空をさまよう箱船となった』らしいから
実は現在も天空に「イース」という国は存在していますパターン?
NOTEを読むと「地上での冒険で」という記述があるからやっぱり
タイムトラベルしているわけではなく同じ時代の話なのかな。

他には、

【神官ハダル】
六冊の本を返還した時、サルモンの神殿への道が開かれる。

【神官ダビー】
かつてイースを天空に上げる程の強大な力があった。
魔物がこの世界に生まれた理由もそこにある。
魔法がある限り、魔物も永遠に生まれ続ける。
魔の存在を抹消する為には女神の力が必要なので二人の女神を探すべし。

【神官ジェンヌ】
魔物は魔法によって生まれた。
魔物と語り合う事ができれば何か得られるかも。

【神官トバ】
神官一人一人が残した6つの魔法が魔の拠点に辿りつくのに必要。

…という事らしい。

とりあえずレア&フィーナに会えば今置かれている状況がハッキリしそう。

ちなみに現時点で魔法は「ファイアー」「ライト」を手に入れました。


アドル(Lv.16) HP:95/MP:95 E:ロングソード/ウッドシールド/チェインメイル






最新記事