FC2ブログ



盗賊の砦→魔窟への通路→ダームの塔→ラドの塔→ダームの塔→エンディング。


エンディングまでのプレイ時間は約7時間でした。

ダームの塔ではまずドクロ像の罠によってシルバー装備を失ってしまった。
牢屋を脱出する術もなかったのでちょっと余所見をしていたんだけど
その間にゴーバンの右腕の盗賊ドギが助けにきてくれた!
それからは先に投獄されていたルタ=ジェンマ(ゼピック村に住む夢遊病の男性)、
先に塔に閉じ込められていたラーバ、わざと魔物に捕まったレアの助けを受けつつ、
塔を駆け上がっていくアドル君。

途中で奪われたシルバー装備を回収したり、
先へ進むのに必要なアイテムを手に入れたりと重要アイテムを
取りのがしてはいけないっていうのがちょっと大変だった。

ダルク=ファクトは魔物の力を使ってエステリアを自分のものにするつもりだったらしい。
けどダルクを倒した後、手に入れたイースの本は「ファクトの章」だった。
神官の子孫なのに平和より、この地の征服を望んだって事?
先に手に入れたメサの章には『神官達はサルモンの神殿に追い詰められ、
6体の巨大な魔物が手下を従え追ってきた』、
ジェンマの章にはジェンマの家系に古くから伝わる青き金属のメダル』について記されていた。

道中ではボス戦も何度かありました。
カマキリボスは戦いやすくて初見でWIN。
14Fの岩のボス(シューティングゲームみたいなやつ)は2回目でWIN。
21Fの鏡の部屋での2つの顔のボスは3回目でWIN(慣れると面白い)。

25Fではついにダルク=ファクトとの対決!!
自由すぎるみそボンのような戦いっぷりに笑ってしまった。
しかもダメージ与えた場所に穴が空いていき、そこに落ちても死ぬという(汗)
レアから聞いた情報を元に最強防具&シルバーソード&リングメイルで挑んだがめっちゃ死んだ。
あともう一歩っていうところまでダメージ与えた時もあったが
それも1/20くらいな感じだったので次の日に防具もシルバー装備で揃えていったら
戦いが圧倒的に楽になりました(汗)
攻撃手段もクレリア製だったんですか!!?

…という事でその後は結構すぐダルクに勝てたので
ダルクのマントにあった最後のイースの本を読んでエンディングへ。

2018051101.jpg

爽やかな朝の訪れと共に、
6冊揃ったイースの本の力でエステリアに平和が訪れました。

この後、ラーバ、ルタ、ドギと共に塔を出たんだろうけど
レアの『やるべきこと』って何だったんだろう?
(またこの地を見守る為に女神像に戻ったとかかな…)

フィーナは記憶を取り戻したんだろうか?
取り戻してもあのかわいい感じでジェバの傍に寄り添っているんだろうか?
桟橋の上でアドルの話す冒険譚を楽しそうに聞いてくれるのかな…。

それにしてもダルクはあんなに背が高いのによくミネアの町では
「怪しい黒マントの男」だけで済んでいたなあと思った。
「あ、ボスキャラの体格」って思っていた人はいないのか?(サラとかレア辺り)






最新記事