ハース渓谷(不死身の魔物)→山麓の小さな祠→彷徨の迷い路
→夢見る人の塔→カナの村(夢の真実)→温泉の湧くオアシス→湖底洞穴
→ハース渓谷→ハース城(精練工場)。


ハース渓谷に行ってみると何度倒しても再生する魔界生物がいるので先に進めなかった。
山麓の小さな祠に立ち寄ったらそこのおじいさんが、
悪夢に苦しむクロービスに「夢見る人の塔」の存在を教えてくれた。
ここで森を探すのに迷子になったりもしたけどなんとか彷徨の迷い路への入り口を発見。
(ちなみにカナの村の西の大き目の森(真ん中に看板が立ってる)の西側にあった)

彷徨の迷い路から夢見る人の塔まではクロービス一人で行く事に。
彷徨の迷い路ではまるでクロービスの心の中を見透かしたような事を
語りかけてくる悪い意味でドキッとする道のりだった。

そしてたどりついた夢見る人の塔は実は心理学の研究所。
シェルノは魔法使いではなくて心理学者だった。
けどここでシェルノに「思念感知」の能力を目覚めさせてもらったので
何度もクロービスに悪夢を見せる事で何かを伝えようとしている者の
本当の意図を汲み取ることが出来るように…。

その後は火のエレメントがあれば不死身の体を溶かせるという事で
オアシスの湖底洞穴へ……行く前にセントハース戦がありました。

クロービスの思念感知の能力が目覚めた事によって
セントハースの言葉がわかるようになった。
セントハースはクロービスに何かを成し遂げる事を期待しているみたい。

クリムゾンフレアの技法を手に入れてから、ハース渓谷に行って
不死身の魔物と戦った。
不死身の魔物の正体は聖戦竜の一匹ロコだった。
ロコがそうなってしまった理由とハース城の真っ黒な水は関係あるのかな…。
ロコは「この大地に生きるものすべてを守ってください」とクロービスに伝え、亡くなった。
なんか急に壮大な話になってきたな…(汗)

そんなこんなでやっとハース城に着いたけど衛兵は城に入れてくれなかった。
カインはハース城の不審な動きをエルバール王宮に報告しに行こうとしたけど、
ウィローは一人でもハース城に潜入しようとしていた。

ここの選択肢ではウィローと共にハース城に潜入する方を選びました。
ただ城へ報告へ行くカインよりもウィローの方が心配だし…(ぇ
なので次はウィローと共に鉱山の地下へ向かおうと思います。


・クロービス(Lv.24) HP214 / MP331
E:ナイトブレード / ナイトメイル / ナイトシールド / ナイトヘルム / ローランの指輪

・ウィロー(Lv.20) HP162 / MP133
E:フランキスカ / エルフ族の外套 / スケイルシールド / 魅惑の帽子 / 忘れられたカメオ






最新記事