今回はデルカコスタ地方で預言者に会い、再びケトスを呼び出せるようになったので
空を飛んで神の民の里へ行きました。
前の世界のように里は滅ぼされておらず、壁画も残っており、長老も生きていた。
長老にイリアス達の中の眠っている力を呼び覚ましてもらい、
パワーアップしたイリアス達は邪神を倒す手がかりを求めて
3つの大樹の苗木を探す事となった。

前の世界で気になっていた『ニズゼルファ』というのは
かつて地上を地獄に落した災厄なる邪神の名前らしい。
だから勇者の星にニズゼルファと書かれていたんですね。

勇者が生まれたから邪神が生まれたのではなく、
勇者は邪神を倒す為に生まれるものらしい。

神の民の長老によって力を目覚めさせてもらったら、
皆のレベルも一気に60くらいに上がったし、スキルパネルは解放されたし、
マルティナのデビルモードが使えるようになっていたし良い事尽くめだ!!

3つの大樹の苗木はドゥルダ郷の入り口近く、ダーハラ湿原、バンデルフォン地方にあるらしい。
バンデルフォン地方の苗木の記憶は火山でローシュ達が勇者の剣を作る記憶でした。

まずは最後のカギで開けられる場所を思いつく限り巡りたいと思います。

とりあえずその途中で立ち寄ったダーハルーネの町は魔物達から解放しました。
もう普通の敵がめっちゃ強い(汗)


知人がエンディング後の事を『IFの世界』って言ってたけど
私は『過ぎ去りし時を求めて』という副題の意味を考えると
最初のエンディングはまだメインストーリーの途中に過ぎなくて、
命の大樹が落ちてから失った多くのものや様々な悲しみや思いを感じた上で
現在のようにならない為に過去を改変しにいく物語だと思っています。

私は命の大樹が落ちた世界を正史だと思いたくないです。

まあ物語の感じ方や捉え方は人それぞれで良いと思うので
その場では反論しませんでしたが
このブログ内でささやかに主張しておきます(笑)


イリアス(Lv.63) HP553/MP274
E:勇者のつるぎ・真・聖女の盾・ミスリルヘルム+3・メタルキング鎧・疾風のリング+3・まよけの聖印

グレイグ(Lv.62) HP602/MP192
E:ギガントアックス・輪廻の盾・サタンヘルム・ジェネラルマント+1・ジェネラルブーツ+2・星降る腕輪

シルビア(Lv.61) HP455/MP209
E:サウザンドダガー・フェンリルの牙+1・はぐれメタルヘルム・はぐれメタル鎧・ハンサムスカーフ・まもりのカード

ベロニカ(Lv.61) HP359/MP426
E:女神の杖+1・星のサークレット・光のドレス+1・天使のサンダル+1・疾風のリング+2

控え

カミュ(Lv.61) HP451/MP196
E:コメットエッジ・大海賊の帽子・大海賊のコート・竜のうろこ・怒りのタトゥー

ロウ(Lv.61) HP416/MP417
E:マグマの杖・インテリハット・漆黒のマント・悟りの手袋・疾風のリング+2

マルティナ(Lv.61) HP536/MP131
E:ドラゴンクロー・戦姫のティアラ+1・神秘のビスチェ・ガーターベルト・パワーベルト

セーニャ(Lv.58) HP431/MP370
E:アテナの聖槍・聖女のティアラ+2・聖女のドレス+2・天使のサンダル+1・悟りの手袋






最新記事