今回はザオ遺跡~バチカル送還まで。


ザオ遺跡の地下へ潜っていってジェイドの指示に従いながら
ルークの超振動でパッセージリングを操作。
そしてケセドニアも降下し始めた。
パッセージリングを起動させる時にティアが凄く疲労しているのが心配になります(´・_・`)
遺跡から出るとルグニカ大陸はちゃんと魔界へ降下していた。

その後はケセドニアでノエルと合流。
エンゲーブの皆を無事に運び終えてくれたらしい。

アルビオールに乗って空を飛んだらジェイドが
『セフィロトが暴走し、ツリーが機能不全になっている』と言っていた。
最近地震が多いのも崩落のせいだけではなかったようだ。
パッセージリングが壊れればツリーも消え、そう遠くない未来に外殻は落ちてしまうのだという。
セフィロトの暴走に関する預言やそれに対する対処法の預言など
ユリアシティの最高機密を閲覧する為にはイオンの力が必要なのでダアトへ向かう事に。

ダアトへ向かう前にセシルとフリングスの恋愛イベントを進めました。
ルーク達が二人のメッセンジャーになって町や施設を行ったり来たりするやつです;

敵同士だった将軍二人でしたが結構早い段階で両想いに。
きっかけは大地の地割れに巻き込まれた部下を助けようと自分も危険にさらされたセシル将軍。
その二人を敵軍のフリングスが助けてくれたところから始まったみたい。
あ、でももっとさかのぼるとナタリア組の野営地イベントの時から若干意識してた感じはあったような…^^;

セシル家は売国奴の汚名を着せられて社交界から追放されたという過去があり、
セシルは家の復興をさせなければならないからフリングスの求婚を断った。
けどそれでもセシルの事を諦めきれずに待ち続けるフリングス…っていうところまで話が進行。

2017040401.jpg

セシルの伯母のユージェニーがマルクト伯爵家へ輿入れし
その後戦争が起きた時に伯母はキムラスカを裏切ったと汚名を着せられた、という部分。
マルクトの伯爵家、戦争って聞くと何かガイの事を思い出す。
ジョゼットとガイに繋がりはあったっけ??
…と思って説明書で名前を確認しようとしたらファミリーネームまで載ってなかった;
アニスと自分の身長が同じだという事を知っただけだった(ぇ
(ちなみに後でステータス画面を見たらガイ・セシルだった…)

で、ダアトに到着すると定期船が出ないから巡礼者達が帰れなくて怒っていた。
あとモースは預言通り戦争を起こしたいので戦争を再開させたいらしく
ディストを『ネビリム先生のレプリカ情報』で釣って協力を取り付けていた。

イオン様に会う事が出来たが今まで秘預言を見た事がなかったようで
その全てを理解する為にダアトへと戻ったらしい。
イオン様に秘預言を読んでもらった。
本当ならアッシュ(本物のルーク)はアクゼリュスで消滅し、
キムラスカを未曾有の繁栄へと導く予定だったらしい。
けどアッシュは消滅していないし、預言は狂っているようだった。
ユリアの預言にはルーク(レプリカ)という存在が抜けている。

オラクル兵に気付かれてしまったのでアルビオールへ戻ろうとしたら
モースとディストが待ち構えていた。
ノエルを人質に捕られてしまいどうする事も出来ないのでバチカルへと連行される一行。
ルークは預言通りにするために処刑されそう。。
けどルークは「自分というイレギュラーな存在が生まれたせいでセフィロトも暴走したし
処刑されたほうがいい」みたいに言い始めたのでティアが怒っていた。
ティアはユリアの預言に詠まれていないルークなら預言を変える事ができるかも、
と良い風に捉えているようだったから。
ティアがルークに怒るシーンはルークの事を大切に思っているのが伝わってきて涙が出てきました…。


・ルーク(Lv.42) HP2849 / TP235
・ガイ(Lv.41) HP2557 / TP270
・アニス(Lv.41) HP2824 / TP240
・ナタリア(Lv.41) HP2443 / TP225

・ジェイド(Lv.41) HP2572 / TP300
・ティア(Lv.40) HP2293 / TP284






最新記事