カールズバッドの洞窟→移動要塞アラモ→ダラス→国境の街エルパソ
→メキシコ・シティ→オアハカの村→ピラミッド→移動要塞アラモ。


今回はベラドンナを倒して4つ目のエデンの火の力を手に入れたところまで。

カールズバッドの洞窟を抜けた後は幼なじみの一人マグーと再会した。
彼は暗黒教団に対抗する組織「太陽十字軍」の一員らしい。
再会したばかりだったけどマグーは大統領に暗黒教団の事を伝えようと一人で先走ってしまい、
死神の鎌に一撃を喰らってしまった。
死神の鎌を受けた者が助かるには「炎のテキーラ」が必要だとDr.Mに言われたので
雷神一行はメキシコへと向かった。
夢見だけマグーの看病の為に離脱。。

メキシコもゾンビ問題で荒れた状態でした。
ここでは雪国でもないのにボブスレーのコーチをしているボブと出会った。
ボブの「カーニバル」という奥儀が使いやすくて重宝していたんですけど
やっぱりベラドンナを倒した後は彼はパーティーから離脱してしまいました;
レゲエを聴くと彼の中の魔物が暴走し、
周囲の人に危害を加えてしまうという事を気にしていたボブ。
ボブの声が正に想像の中のジャマイカ人って感じで凄く合っていて良かったですよb

メキシコ・シティの教会では夜な夜な「イケニエの儀式」が行われており、
祭壇ではベラドンナが子供の心臓を抜き取り、ゾンビ化させていた。
例のスカー・ウルフも心臓を抜かれベラドンナの手下と化していた。

メキシコの一件では夕能にまつわるエピソードがメインだった気がします。
夕能は強いよ…。
かつて恋人だったスカー・ウルフとの日々を思い出した上で
その名を捨てた「闇の戦士バラム」と戦う事を選んだシーンとか泣けました…。

2016010601_20170106140522b42.jpg

夕能はドッグやウルフが去っても故郷を見捨てられなくてシアトルに残ったんだろうか?
スカー・ウルフなんて夕能を連れて行ってもおかしくないと思うしさぁ。
ウルフがどういう経緯でサムを弟子にしたのかも気になるわ。

ベラドンナに勝利し、炎のテキーラを手に入れたけど
夕能は修行の旅に出てしまったのには驚きました。
ここでお別れなのはボブだけだと思っていたから衝撃だったわ。

炎のテキーラをマグーの元に持っていったら、
Dr.Mにまんまと騙されていたようでドクロ計画の為にと持ち去られてしまった。
そしてヒューストンへと向かう事になったんですけどよく見たらフィールドの白い部分の下に
街のようなものが見えたのでそこを取り囲んでいる一つの石版を攻撃してみた。
そうしたらロゼッタというボスとのバトルになり、勝てたのは良かったものの
今度はカールズバッドの村が破壊されたという事らしいので次はそこへ向かう事になった。

まぁ、Dr.Mに関しては説明書のキャラ紹介の敵の欄に思いっきり載っていたので
いつかなにかやらかすんだろうなあとは思っていました(汗)



・雷神(Lv.26)HP153/TP92 E:ヒートソード/稲妻アーマー/孤高の岩靴/追風の指輪
・夢見(Lv.27)HP94/TP159 E:白銀のダーツ/つぼみの衣装/孤高の岩靴/鋭利の指輪
・禅剛(Lv.25)HP150/TP45 E:贋作 村正/白装束/織田ブーツ/馬鹿力の手袋






最新記事