マジカルファンタジスタのエンディングを迎えました!
一応思い出きろく帳によるとプレイ時間は14時間47分になってます…。
そんなに短かったか? (;一一)

個人的には「マジカルファンタジスタ」はウトナとユベルの恋物語だったと思う。
もっと大きく言えば、ファンタジスタとステラマリスの恋物語。

途中まではウトナとジュリアスが良い感じに見えたけど
いつも一緒に居てくれたユベルがいなくなって初めて
ウトナはユベルの存在の大きさに気付いたって感じなのが良かった。

2016051202.jpg

2016051203.jpg

2016051204.jpg

ユベルも自分自身の負の感情と向き合った事で
ウトナを呼び捨てで呼べるようになっていてそれも含めて関係の進展を感じた。
ユベルには報われて欲しいです。
最初に城を出るときの「命にかえてもお守りします」っていう言葉を未だに覚えてるよ。

結局、ヨハネ達が探していた「ステラマリス」はウトナだった。
シャンガラ寺院郡でヨハネ達それぞれ4人に最後の試練が待っていて
そこでウトナはステラマリスの正体を知らされるが、
刻印解除でステラマリスの力を得てしまう事によって星を救うことは出来るが
星のアニマを大量に奪ってしまうので役目を終えたら消滅しないといけないと聞かされる…。

ユベルはユダによって
「ウトナを救えるのはファンジスタだけだ。僕なら君を導いてあげられる」
と言われて連れて行かれてしまったので3人でイスラハンのクーデターを治めに行った。
やっぱり大司教は帝国との和平を結ぶ事に納得がいかなかったらしい…。
たまーに出てきた選択肢はイスラハンの「選択の判定人」のジャッジに影響してくるんですね。
私は「ラストサン」を貰った。

あとはグスタフの隠れ家に行って模型集めを頼まれたり…。
ユベルの事が気がかりだったので結局模型を集めずにアークトゥルスに行きました。
アークトゥルスは「見えざる道」が特に面倒だったけどそれ以外はサクサク。

2016051201.jpg

ユベルの自分自身との戦いは熱かったけど
バニッシュで一撃だったのがちょっと残念でした…。
もっとFF4の試練の山みたいな感じでいくと思ってたよ;
黒ユベルがドロップした防具が「プリンセスガード」だったのがなんか胸にきました。

ユベルが再加入した後はついにユダとの対決。
ユダはアークトゥルスを滅ぼしたヨハネへの復讐の為に
過去の状況を再現したようだった。
2人のファンタジスタがいないとステラマリスは殺せない。

愛するアカーシャを殺せなかったヨハネの立ち位置が現在のユベル、
星を救う立場にあるもう一人のファンタジスタだったユダの立ち位置が現在のヨハネ、
そしてステラマリスのウトナ。。

永遠に星のアニマを食み続ける存在となってしまったアカーシャが
ウトナのアニマを受け入れ、ステラマリスとなった。
結果的にウトナは助かり、アカーシャもヨハネによって救われた…。
アカーシャはどちらにしてもこうなる運命だったのが悲しいわ。
アカーシャは第4形態まであったけどやっぱり第4形態目が一番手に汗握るバトルでしたよ…。
ジュリアスのマガドナ撃(魔防↓)、マニヴル撃(魔力↓)、
ダル撃(攻撃↓)、シルドナ撃(物防↓)はかなり役に立ちました!!

アカーシャを解放することは出来たけどヨハネの罪は許されていない、
まだ罰を受け続けるだろうあの赤い月がある限り
…というエンディングなのがちょっと切なかったです。
ファンタジスタとして星々で幾度も幾度も転生を繰り返し
そのたびに記憶を失って…っていうのをこの先も続けるんだろうか?


エンディング後にデータをロードしたら四柱回廊の女神像で
「アークオーブ」というものを入手した。どこかの鍵?
そういえばアークトゥルスの死に絶えた街で「修羅コメツキ」を倒しました。
虫捕りもあと2匹かな??
まだ気になるところも幾つか残っているけどどうしようかなあ。
ユグドラシルの塔の真ん中のエレベータ→521F→417Fのユグドラ砲、
アークトゥルスの街からダンジョン入ってすぐの隠し部屋のめっちゃ強いボス、
模型探し、死に絶えた街の入れない扉、ロアフルールの一番左上の家などなど。。

グスタフの日記に「子供が生まれたら”メルクリウス”と名づけようと思う」って書かれてたけど
モバイル版「マジカルファンタジスタ2」の紹介文にメルクリウスの名前が…。
これは気になるけどモバイル版じゃあどうしようもない(´・_・`)

このDSiのマジカルファンタジスタは元はモバイル版の「マジカルファンタジスタ3」みたいですね。
スタッフロールで知りました。

2016051205.jpg

ゲーム全体の感想としてはテンポもいいしストレスも感じる事無く遊べたなーと思います。
まあ逆にアクタリオンみたいにちょっと苦労した方が記憶に残るかもしれないけどね;
操作性も同じDSiウェアのネクロマンサーNRと同じように快適でした。

本作はやっぱりステラを装備してアーツを習得するシステムが楽しかったです!
ウトナの攻撃をUPしすぎて魔法使いっていうイメージよりも
脳筋キャラ的なイメージが自分の中では強かったです;
「ぼくのわたしの勇者学」に出てくる賢者みたいな…w
アーツを習得するとたまーに新たなステラが生まれるところも嬉しかったな。

ストーリーも後半部分は意外性があって個人的には結構好きだったけど
バトル面&キャラ育成面でも楽しいRPGでした。


・ヨハネ(Lv.58) HP2360 / MP696
【武器】久遠 【防具】オーラブレーサー

・ジュリアス(Lv.58) HP2242 / MP435
【武器】エクスブレイカー 【防具】雷帝の羽織

・ウトナ(Lv.58) HP2006 / MP574
【武器】クィーンビュート 【防具】シグマスーツ

・ユベル(Lv.57) HP2030 / MP957
【武器】ネメシス 【防具】プリンセスガード






最新記事