実彰の君・和魂エンド&後日談を見ました。

和魂の結末は全く想像していなかった展開に「え”!!?」という声がでたよ。
香夜父は再婚した文乃さんと新店舗を構え、
元の料理茶屋の方は婿入りした実彰と香夜が切り盛りしているという…。
いい意味で予想が裏切られました…!!
幸魂の方は確かに実彰にとって一番幸せな道だろうなとは思っていましたが
和魂の方はこっちが笑顔になってしまうエンディングでした。
後日談では実彰と香夜でお店をやるようになってから数年経ち、
お店の方も軌道に乗ってきて更に評判の良いお店になっていました。

個人的には実彰のエンディングでは和魂が一番好きでした。
一番最後にこのエンディングで良かったです!


左京→縁→螢→九十九丸→鈴懸→実彰の順でプレイしてきましたが
どのキャラクターのルートも様々な展開が用意されており
飽きずに全部のエンディングへとたどり着く事ができました。
プレイする前は剣ルートをやることに対してあんなに億劫になっていたけど
実際にプレイしてみたら全部やらなかったらかなり勿体なかったと思います。
システムも幸魂エンドにいきたかったら幸魂の選択だけしていけばいいという風に
攻略もわかりやすかった事もあり、ストレスなくシナリオを楽しめて良かったです。
正直左京が気になったという事も剣が君を買った理由の一つなんですが
意外にもプレイ後は九十九丸がお気に入りになりました(笑)

全ルート終わったあとには貸本屋の物語を一気に読みました。
皆がそれぞれ別の人物の入れ替わってしまうという夢の話。コメディチック。
やっぱりどのキャラクターも良いなあと改めて思った。
本当に心情や言葉に個性が出ていて、絵がなくても楽しめました!
左京の物騒な感じとかもう懐かしいですよ…。
あんまり他のルートでは登場しなかったから;

もう本当に剣が君をプレイして良かったです!
シナリオも絵もキャラクターも皆好みだったし面白かった!!
エンディング曲の「孤月」もすごく好きです。
トロフィーも初めて100%に達しましたよ…。


奮発して画集も買ってしまいました。

2015042801.jpg

全部のスチルは載っていなかったけど設定資料が面白かったし、
雑誌掲載の書き下ろしイラストも見る事ができて眼福、眼福!
初期構図案と通常版ジャケットのイラストを見比べてみると
通常版ジャケット(製品版)の方には描かれていなかったが、
初期案では家光とマレビトが対に描かれていて、
「日の本の表の世を統べる者と裏の世を統べる神」感が出ていたりと
そういう違いも見つけられて楽しかった。

あとはamazon特典のドラマCDと主題歌CDについていたドラマ部分を聴いたり…

2015042802.jpg

あと、久々にsai開いて鈴懸だけちょこっと描きました。

2015042803.jpg






最新記事