FC2ブログ



今回はオルヴァエンディングを見たところまで。


(↓発売したばかりなので隠します)


最終章でアージェが兄を捜して旅をしていると知りましたが
なんとなくイヴァンと容姿が似ているような気がするんですけど
二人は兄弟ではないんでしょうか?
確か二人は顔を合わせていませんし接点があったわけでもありませんが気になりました。
あと、雪の女王の話だとクラエスは欠片を持っていなかったらしく
結果的にゲルダ達に嘘をついたまま旅をしていた事になりますが
なんであの時嘘をついて「悪意をもった人がわかる」と言ったのか気になりました。
赤の世界でも悪意を持ってる人について聞かれて動揺していたり
歯切れの悪い返事をしていたのでおかしいとは思っていたけども…。

白の世界に着いてからのオルヴァはとにかくかっこよかったです。
白の世界へ向かう途中の洞窟で悪魔がオルヴァを惑わそうとしてきても、
病気を理由にするのをやめて自分の信じたままに生きると宣言したり
雪の女王にも取引を持ちかけたり、
悪魔を殺そうと無茶な事をしようとしたけど
この以前との変わりようには嬉しくなりました。
最初の頃のオルヴァも好きだったけどさ。
オルヴァルートはここまでの過程が面白かったと思います。
黄色の世界ではオルヴァの負の感情が大爆発だったので、
あれはなかなか印象に残りました。
エンディング後には呪いは解けたけど
それとともに元の病弱な身体に戻ってしまいましたが
以前とは違い前向きな気持ちを持って日々を過ごしているようで良かったです。

白の世界への入り口の洞窟は塞がってしまって、
イヴァンも悪魔も雪の女王も白の世界に
閉じ込められたままになってしまいましたが
孤高の雪の女王はここで死んで新たな雪の女王へと生まれ変わるとか、
人間が雪の女王へとこれから先
友好的に歩み寄っていこうとした姿勢を見せただけでも
嬉しかったからというのもあってゲルダ達を逃がし、
雪の女王自ら悪魔と戦ってくれたんですかね。

結局危険度のある場所は赤の世界を抜ける時しかなかった事に驚きました。
あと時間制限のある選択肢もあの脱出の時だけでしたし。
意外にのんびりとプレイする事が出来ました。







最新記事