賽殺し編を読了しました。

祭囃し編の後日談。
昭和58年6月の終わり頃、皆でプール遊びに行っておおはしゃぎした後の帰り道。
道路を自転車で走りながらふざけていた梨花は交通事故に遭ってしまう。
そして目が覚めるとそこは元の世界とは全く異なる雛見沢だった…。

入江機関も存在せず、診療所は「タカノクリニック」。
(高野一二三先生は初代所長として名を残す事が出来たっていうところが感慨深かった)
来年には雛見沢はダムに沈むので村からどんどん人が離れていっている状況。

この世界で梨花は友達がいなくて孤独だったけど両親は生きていた。
それにこの世界は周囲の仲間や鷹野が抱えていた全ての罪がない世界。
礼奈は『レナ』じゃないし、魅音と詩音の入れ替わりもない、圭一も転校してこない。。
沙都子は義父と良好な関係を築き悟史も含めて一家で仲良く暮らしている。
きっと田無美代子も両親とデパートに行ってお子様ランチの旗を20本集めて
平凡だけど幸せな日常を送っているに違いない…。

この世界の梨花は何でもちやほやしてもらえる「お姫様」気取りだったけど
その取り巻きの男子達が一気に転校していってしまい孤立していた。
けどこれから友達関係はよくしていく事もできるし、
両親とも良好な関係を築いて幸せに生きていく事が出来る世界だった。

梨花は上位世界にいるからこそ2つの世界のどちらで生きていくかの選択に悩んだ。
ここでまた重要な選択を羽入に押し付けようとして怒られたりしていい成長のきっかけになったと思う。
そしてもうやり直しができないこの世界で命を大切に生きていかないといけないという事を学んだ。

事故から一ヶ月後に梨花は意識を取り戻した。

部活メンバーが自分達の罪を成長の礎としてなくてはならないものだと受け止めているから
罪のない世界よりもこちらを選ぶっていうような事を言ったんだけど
その強さに涙が出ました(;-;)

梨花は一人の人間である『古手梨花』として生きていく事を誓い、
百年生きた魔女である自分の分身『ベルンカステル』とは決別した。
エピローグではベルンカステルから貰った最後のカケラ「フレデリカから、あなたへ」へ…。

その後は『澪尽し編お疲れさま会』!
久々のお疲れさま会には垣内、未来、過去の色々なキャラが…。
赤坂が大人になった美雪に対してリアクションしないのが残念でした。
魅音は自分の年を取った姿にあんなに衝撃を受けていたのにー!

お疲れさま会でも言ってたけどこれで長い長い旅が終わりました。
ひぐらしをプレイする前と違って今は惨劇が起こった事よりも
仲間を信じる事、奇跡は皆が心から願えば起こせる事、
自分の罪を受け入れそれを反省して同じ失敗を繰り返さない事、など
…そういう事の方が心に残っています。
今の私にとっては良い勉強になりました。

人は誰かを無視して孤独では生きられない…
とても心が脆弱で、厄介な存在。
だからこそ、相手とぶつかりあった時は…ちょっとだけ、その人の心を想像してみて。

どうして、自分と相容れない考えをしているのか。
どうして、自分の想いをくみ取ってもらえないのか。

それを頭に思い描くことで、あなたはほんの少しだけ相手の立場に踏み込んで、
そこから見える自分自身を省みることができる。

その姿は…本当に、潔白?
自分は100%正しくて、相手よりも崇高な観点から物事をとらえているかしら?

もちろん、それは相手と比べて自分が劣っている…
あるいは、自分が悪いのだと肯定する行為を意味するものじゃない。
ただ、相手の都合を少し思い遣った結果…そうなっただけ。
だから卑下することも、罪悪感もいらない。
優しい気持ちで相手に接してあげれば、いいの。
そうすればきっと、世界は前よりも少しだけ明るく見えて、
肩に背負っていた荷物は少しだけ軽く感じられると思うわ。


…最後のベルンカステルの言葉を胸に刻もうと思います。


あ、羞晒し編も読了しました!
特別編なので本編とは微妙に話が噛み合っていないという前置きをした上でのギャグ回。
7月なのに鷹野も小此木も加わってるし、
祭囃しの後なのに羽入は皆に姿見えないみたいだし、
確かに色々と話は噛み合っていない。
けど皆でわいわいして楽しい時間だったからよし!!

圭一の魔法の海パンを皆が脱がそうと奮闘する話でした。
圭一がナルシになる事を恐れて一番魅音が必死になっていたところが更に良かったです(ぇ

やっぱ鷹野はギャグ要員としても必要だよね!目のやり場に困る水着だったけど!
てっきり黒のビキニでくるものだと思っていたよ。
小此木のダイバー姿も面白かったですww

これでひぐらし粋も本当に最後だよ…。
高校の時にひぐらしの漫画(確か内容的に罪滅し)を読んでいる友達を見て
「よくこんなにグロいやつを読むなあ」位に思ってたけど
今ならなんであんなに人気が出ていたかよくわかります。
最後までひぐらしをプレイ出来て良かったです。
読んでなかったらきっとハーレム&グロという印象を持って勘違いしたままだったと思います。

ちなみに最終的なプレイ時間は約150時間50分でした。





祭囃し編を読了しました。

こちらが原作PC版での最終話で、澪尽し編はCS版の最終話だったらしいですね。
若干同じシーンがあったりしましたがこの祭囃し編ではゲーム盤の条件がまず違いました。
この最期の世界では羽入が転校生としてやってきて部活メンバーに加わり、共に闘います。
そして羽入は前の世界(皆殺し編)で見た黒幕の正体を覚えているけど梨花は覚えていないという…(´・_・`)
しかも梨花が敵の正体を聞かされてから1週間以内に決着をつける事に…。

あと、今回は山狗との戦いが主でした。
昭和58年6月19日の綿流し当日、早朝からの戦い。
終末作戦VS48時間作戦。
澪尽し・表編は全ての問題をクリアした上で鷹野との戦いに勝利しました。
今思うと全体的に綺麗だった印象。

祭囃し編は泥や汗にまみれてお互いに総力をかけて戦いぬいて未来を勝ち取った…というイメージ。
けどそんな祭囃し編は熱かったです!!
村の皆は夕方からのお祭りの準備をしている裏では
村人二千人の命がかかった戦いが繰り広げられているっていうのが痺れるぜ!
(だから私はホームアローンが好きなのか?)

大石と園崎家のダム戦争から続いていたわだかまりが解けた上での
VS大高のシーンはスカっとしましたb
お魎さんが梨花の風邪だけでなく沙都子の事も心配し、
村の住人として受け入れて北条家の罪を許してくれたところはウルっときましたよ(;-;)
赤坂が梨花を助けにくるところ(一番ヤバかったのは地下祭具殿で
人質にとられて眠らされそうになるシーン)も泣けました。
ただ雛見沢に来たってだけでなく本当に心強い味方でした!


「おめぇ、…戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。
 …お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」
「ははん。ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」
魅音が笑い捨てる。
小此木もそれを笑って受けた。
謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。
「…へへへ、そうだな。お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。
 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。何しろ、」
「はははは、あっははははははは!!!SASぅ? デルタフォースぅ? 下らないねぇ!
 そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」
「…へっへへははははは!そうだろうな。そうだろうよ。…なら聞かせてくれ。
 お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」
「隊長なんて興味ないね。部長でいいね」
「…部長…。英国情報部あたりってとこか、…ふ、妥当だな」
「だめだめだめ、なってないね!あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!
 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!!罰ゲームのない戦いなんてごめんだね!」
「口先の魔術師、前原圭一!かぁいいモードの竜宮レナ!
 トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!!そして期待の新人、古手羽入!!」
「これだけ揃ってなけりゃ、世界のどこだろうと退屈だねッ!!」
「……勝てねぇ…。…勝てねぇよ…。…こんなヤツが隊長だったんじゃ、
 …勝てるわきゃねぇやな…。へへへへはははははははは!!」

ひぐらしをやった事なかった頃でもこのコピペはよく見かけたっけなあ。
ついに自分の目でこのシーンを見る事になるとは…。
しかも最終話がコピペになるってところがまた;

この長い長い物語の中でようやくたどり着いた最期の世界。
早朝から続く長い戦いの末の大将戦での会話として聞くと全然印象が変わってきますね。
だってコピペでしか読んだ事なかった時は「勝てねぇ、勝てねぇよ」くらいの言葉しか記憶に残らなかったし。


鷹野がおじいちゃんのスクラップ帳を踏みにじられて泥水に浸かるシーンでは同情しましたが
その後、まだ魅音達に対して悪あがきをしたところで許せなくなりそうでした…。
けど梨花はここへ来て本当の奇跡を起こし、敗者の出ない状態で
この運命に打ち克つ事が出来た。
鷹野は千年にも渡る世界の中で梨花を殺してきたっていうのもあるのに
それを赦す事が出来たのは凄い。もう達観したっていうのもあると思うけど…。

今回も富竹はかっこよかったですよ!!
自分と共に鷹野三四の罪を償い、田無美代子を取り戻そうという言葉が特に。
誰かに『生きていていいんだよ』と言って欲しかった鷹野にとっては
これ以上にない程の救いの言葉だったと思う。

けど、皆それぞれ覚悟を持って闘っていたにも関わらず
大勢の人を殺すという恐ろしい計画を実行しようとしていた鷹野に
責任を取るという覚悟がなかった事や「死にたくない」を連呼していたところには
『散々梨花ちゃんを生きたまま腹をさばいて殺していた人間の言う事か』という気持ちになった。
鷹野の精神的な幼さが『雛』という暗号名にもぴったりでしたね。
澪尽し・表編では鷹野に複雑な気持ちを抱きつつもそこまで文句はありませんでしたが
祭囃し編やった後だと色々と思うところはあります;
そういうのもひっくるめて鷹野は魅力的なキャラですけどね。

うみねこの黒幕(爆破を起こした真犯人)とやってる事は似てる?
けどうみねこの方は親族を巻き込んだ自殺みたいなものか…。
一人の世界に篭った結果苦しんで暴走するっていう辺りは似てると思う。

よく、ひぐらしファンはうみねこを酷評しているっていうのを聞くんですけど
謎解きの事やミステリー的に見た上での事を抜きにするとして、

死者を駒として使ったゲーム盤での繰り返される惨劇で
もしそれを解決したとしても死者は蘇らないし悲しい事件が起こった事は変わらず
親族達の未来は閉ざされたままで希望がないっていうところ。
縁寿の心情は前向きになれたかもしれないけど結局はバッドエンドな事は変わらない。

ひぐらしは最後にハッピーエンドが用意されていて
『誰が欠けていてもいけない世界』へ至る事ができた。

…っていうところが大きいのかな、と勝手に思ったり。

私は竜騎士先生の作品はうみねこから入ったからうみねこが好きだけど
もしひぐらしにどっぷりはまった状態でうみねこをプレイしていたら
作品に対する印象はだいぶ違ったかもしれない。。



羽入も含め、誰一人欠ける事なく昭和58年6月のその先へ。。

・・・行けるはず、だよね?

賽殺しがどんな物語なのかにもよるが。


ちなみにエージェント野村の喋り方とか声が好きでした!w
スタッフロールで気付いたけど田中理恵さんだったのか…。





澪尽し・裏編を読了しました。

澪尽し・裏編では夏美の惨劇回避、12年前に巴の父が追っていた事件の解決、
巴の両親や渚達を殺した犯人の逮捕など巴関係の話がすっきりと解決しました。

色々な制約やしがらみがある中で全力を尽くし続けた巴。
その正義がようやく報われ、悲願が成就した事に感動した!

表編の方もそうだったけど裏編でもたくさんの人々の協力や想いがあったからこそ
成し遂げられたっていう事を強く感じた。
一人がどんなに正義感に燃えていたとしても出来る事に限界はあるからね。。

巴達の話は番外編(?)的な立ち位置のストーリーなので
物語にのめりこむまでに時間がかかる事が多いんですけど
今回は無駄な部分が全くなかったのでどんどん読み進める事ができました。
若干、最序盤の赤坂と反町の会話でダレかけたけど
あれも後々に重要なシーンに繋がりましたしね。
プレイヤー側が反町と赤坂の関係を知ってちゃんと信用できる人物なのかわかるようになってるし。
しかもこの反町の息子が後の美雪の夫になるという事にも気付くし。

終盤に垣内空港に巴が一人で潜入しようとしていたのに
彼女の熱意に影響された仲間やかつて敵対していた上司の課などが
次々と巴に協力を申し出て皆で空港に捜査に入るシーンはかなり熱かったです!
個人的にはこのシーンは澪尽し・表編の沙都子トラップ地獄よりも燃えました

日本はプラシルの効果を試すための実験場のようなものだった。
患者はただ処方されたプラシルを危険な薬だと知らずに飲み続け、
モルモットのような扱いを受けていた。
そのデータを国外の企業に売って莫大な金を手に入れていたのが政治家の千葉達。
そういう『東京』やアルファベットプロジェクト、政治家の汚職という背景が
雛見沢にも関係していたんだという事がわかった。

塚田が怪しかったけどそれはミスリードで実際の黒幕は別の人物だというのは衝撃でした。
黒幕はひぐらし本編でいうところの鷹野ポジションですね。

夏美も巴と頻繁に会っていて信頼関係を築けていたという事もあり
二重人格による惨劇を回避できて良かった。
第3者の大人が夏美の家庭環境を知り、親に説教しなかったら相当マズかったと思う。
家族があんなに非協力的では心の病気は悪くなるだけだよ。。

今までの世界でのカケラを武器にもう一人の自分に立ち向かった夏美は
オヤシロさまの加護的なモノを得てるような感じだったのかな?
この辺りはさすが公由家の血筋!!って思いました(ぇ

ちーちゃんの運転手の息子が守先輩だというのは初耳でした;
私が気付いていなかっただけ…?
夏美と暁も交際しはじめたけどちーちゃんと守先輩もくっ付いたから良かった。
なんか影紡し編の時は複雑な感じだったし…。

レナが渚に会いにきて、巴に連れていかれた霊園で渚の死を知った。
しかも渚が亡くなった日はレナと渚が再会する事を約束していた日
…このシーンはボロ泣きでした。゚(゚´Д`゚)゚。

最後に渚がレナと巴に会いにくるシーンは
宵越し編の時と違ってこの奇跡を素直に信じたいと思えました。
渚からのメッセージで車から脱出して生き延びたっていうのも。
渚は巴の事を2回も守ってくれたのかな?
もしくは滑走路で車から何かに突き飛ばされて命拾いをしたのは
空港が絡んでいるからもしかしたら巴の父のおかげなんじゃないか…とかも思う。





澪尽し・表編を読了しました。

今回はこの世界で目覚めた時に梨花ちゃんの傍から羽入が消えていて
心細い思いをしながらも仲間達とともに運命に立ち向かっていく話。
この『梨花ちゃんの近くに羽入がいない理由』が綿流しの晩に判明するんだけど衝撃だったよ。

この世界では圭一が魅音から委員長の座を譲り受け、村の住人からも人気者状態でした。
でもそれだけ圭一は凄かった!
不利な状況をひっくりかえすところがかっこいい!!

前回のプレイからだいぶ間が空いてしまって
ちょっと億劫になってしまった部分があったけど
圭一の言葉で闘志が奮い立たされて
もう一度闘おうという気持ちが湧いてきたよ。


ついに昭和58年6月を皆で生き残って乗り越える事ができました。

たくさんの人達の意志の強さと協力、
そして梨花と羽入の信じる心があったからこそ
運命に打ち克つ事が出来たんだと思います。

最後に悟史くんも帰ってきてくれたし最終回っぽさが強い。

澪尽し・っていう事もあり裏では巴達の戦いもあったようです。
多分澪尽し・裏の方で垣内空港で両親の仇を討ったエピソードが語られるのかな?
夏美が家族や友達と綿流しのお祭りに来ていて楽しそうだったところも感動した。

感動したといえば今回のお話は泣ける場面が多かったです。
圭一がモデルガン事件の被害者に一人で謝りに行った場面、
圭一と距離が近づいたからこそ詩音の必死さに気付いた魅音が
詩音に謝罪して仲直りする場面、
沙都子と両親の旅行先での事故の悲しい真実…等々。

っていうか沙都子の母のイメージが想像していたものと全く違って
可憐な雰囲気だったのでどういう風貌をしているのか気になりました。
だって沙都子を更にキツくした感じとかヒステリックだとかいう情報しかなかったから;

そして澪尽し編は圭魅派の私にとってはニヤニヤしてしまうシーンが多かったです。
しかも村の公認カップルっぽくなってるのがヤバイ。

2017082901.jpg

2017082902.jpg

澪尽し編っていう副題の意味がわからなかったんだけど
『身を尽くし』っていう風に捉えていいのかな?
他の世界(罪滅しとか染伝しとか)のタイトルの意味はわかりやすかったんだけど…。

あと、詩音の説得やレナの説得は選択肢の多さもあってハラハラドキドキでした。
二人とも慎重に説得しないと爆発しそうで…(ー▽ー;)
H173-02の散布作戦にもゾッとしました…。阻止されて良かった。。

今回は雲雀13が初めて登場しましたが(自分のプレイ順だと)
うみねこに出ている天草十三にとてもよく似ておりましたw

それにしても終盤で大活躍だった富竹もかなりかっこよかったです!
いつものぽやーっとした感じからの教官モードへの切り替えや射撃の腕前、
そして最後、鷹野にとっての救いになるところも含めて。





言祝し編を読了しました。

まだ雛見沢村が「鬼ヶ淵村」と呼ばれていた頃の物語。

5次元の壁を越えてこの世界へ移住してきたリューンの民。
純血であるハィ=リューン・イェアソムール・ジュダは監視者として、
同朋でもあった混血の鬼との戦いに身を投じていた。
ジュダとして戦い続ける事が彼女の存在意義だったから。
そんな彼女が休養の為に立ち寄った鬼ヶ淵村で「古手陸」という青年に出会う。
その青年に好意を持ち始めた頃に彼が二十年前に助けた赤子だと知る。

最初の水浴び中に獣から陸を助けて裸での出会いを果たすところからニヤニヤが(ぇ
巫女服萌えっぷりや陸の日記にもニヤニヤが止まr(ry
陸って梨花と雰囲気が似ているなあと思って血の繋がりを感じました(血縁的に遠いけど)

絆の物語だったけど残酷な物語でもありました。
禁忌を犯したから羽入には残酷な運命が訪れたんだろうか。
でも陸との出会いや桜花の出産がどれだけ羽入に幸せをもたらしてくれたかと思うと…。


なんでこんなにキリっとした羽入があうあうになっちゃったんだろうと思ったけど
リューンの民は肉体は変わらないが精神は逆行して幼稚化するからだった。

古手家に八代女子が続くとオヤシロさまが復活するっていうけど
それらしき事はこの言祝し編では語られていなかった気がする。
でも梨花ちゃんは桜花と瓜二つだし言動もそっくりなので嘘ではないっぽいしなぁ。

女王感染者の話も出てこなかったけど
羽入と陸の血が交わったから古手の血を引く者は
鬼の中でも強い力を持つようになり結果的に女王感染者になったのかな。

この時代の御三家の活躍もかっこよかったです。
志乃さん、魔央、桜花の男に引けをとらない戦いっぷりが!

村がオヤシロさまを崇拝し、団結を強めるようになったきっかけが
この惨劇が元となった昔話なんですね。
個人的にこの物語の見どころは羽入と陸の掛け合いでした。
あのコメディ感も甘い雰囲気の時も全部好きだった。

2017071401.jpg

羽入という名前を付けたのも陸で、いつも着ていた巫女服が婚約のきっかけとなった陸の用意したもの…
って思うとまた羽入に対しての感情も変わってきます。
そして今は自分の娘にそっくりな梨花と共に運命に立ち向かおうとしているんだから。






最新記事