FC2ブログ



もう3月も終わりですね。

COVID19の流行も終わりが見えないし、
日本も徐々に感染が広がっていって色々と心配だ!!

「自分は感染したって大丈夫」っていう問題じゃない。
不要不急の外出は控えるべきっていうのは完全に同意。
必要な日用品や食料を買うとか、仕事に行かなきゃいけないっていう場合はしょうがないと思うけど。
それ以外でフラフラ遊びに行くのはどうなんだろう?

メディアが花見とか観光とか浮かれたニュースを流していると
皆が「もう外に出ても大丈夫なんだ!」という風に受け取る人も多いと思う。
だからこの前の3連休は世間の自粛ムードが解けてしまったんだと思ってる。
家にこもっているからこそTVやスマホからの情報に人は左右されやすくなるんだから
もっと危機的状況にあるっていう緊迫感のある報道で印象操作をしてほしい。

外では小学生~中学生くらいの子供達が団体で自転車に乗って遊びに行っていたり、
大型のゲーセンやら商業施設で友達同士、親子連れで出かけていたりする。
春休み期間に入ってしまえば休校の意味も変わってくるの??って思う。

2020033101.jpg

いつもこのくらいの時期になると桜が綺麗なのですが
満開っていう感じでもなかったです。
もしかしたら風も強かったし散ってしまったんだろうか…。

あ、ちなみにこれは帰り道に独りで撮ってきた桜です。
花見はしてないのでご心配なく!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020032502.jpg

牛肉の生ハムって珍しい!
付属のごま油で和えて食べたら程よい塩っ気とマッチしていておいしかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020031906.jpg

dアニメストアでなんとなくキズナイーバーを観てみました。
1話見て次見るつもりもなかったのにずるずると見てしまい
気付いたら最終回の法ちゃんの微笑みで泣いてました(つω-`。)

ほとんど接点のなかったクラスメイト達が無理矢理痛みを共有する絆で結ばれて
なんやかんやあって友情が芽生えて心の痛みも共有されるようになり…という話です。
一夏の青春ストーリーですよ。
主人公は殴られたりしても痛みを感じない、感情の起伏もない男の子の勝平(かつひら)。

2話の自己紹介ミッションで心が掴まされましたよ。

由多くんの走り方がかわいかったw
あと、牧のクールさと辛辣っぷり&声で縁寿の事を思い出した。
「シーユーアゲイン、ハバナイスデイ」と言うお嬢の事を。


【読んだ本とか】

2020031303.jpg スーパーマーケットでは人生を考えさせられる

著者が毎日行くスーパー(デパ地下)での人々の観察記。
観察記って言っても著者がスーパーで買い物中に見た事、感じた事などが
短文でいくつも綴られているので文章の雰囲気も含めて読みやすかった。

「かわいすぎてムカムカする」っていうのは不思議な表現だ。

あと、113頁の孫を放し飼いにしている老夫婦へのコメントが面白かったw

『パンを素手でつかますなよ!言葉が通じないんだったら、
孫の腕をぎゅうっとつかむんだよ!強く、ひたすらに。』

デパ地下のお惣菜とかお菓子って変わっていて面白くて気になるのはわかるけど
毎日買い物に行くとかなりお金使いそうだなと思った。
こちらとしては色々なものに挑戦したという内容が
書いてあった方が楽しめるのでいいけどね。


2020031801.jpg 無慈悲な8bit(4)

ついに第4巻が発売されました
正直あまりにも出ないのでもう新刊は絶望的なのかと思った;

洋ゲーの話題やチェコへ取材に行った話が主だった。
年代的に共感できる部分も多く、絵もゆるかわいいので読んでいてホッとしました。
けど、病院で5時間半待たされた話は可哀相すぎる…。
以前話題になっていた世田谷区役所の話も可哀相だし;


2020031802.jpg 双星の陰陽師(1)

気になったのでお試しで1巻買ったんだけど
長い期間積んでしまっていたのを今更読んでみた。
読み始めて気付いたら1巻が終わってしまっていました!あっという間…。
まだろくろと紅緒も出会ったばかりで「双星の陰陽師」として
夫婦となり、子供を作るよう言い渡されたばかり。
その子供が最強の陰陽師である「神子」になるらしい。





2020030607.jpg

dアニメストアで「はだしのゲン」「はだしのゲン2」を観ました。
このアニメを観ただけでも原爆の恐ろしさが凄くよくわかりました。
広島に原爆が落とされた瞬間の描写、
そこからの地獄のように変わり果てた町や人、
たくさんの死体などが心に恐怖を植え付ける。
たくさんの命が失われても人を思いやる気持ちを忘れずに
逞しく生きていく様子も印象的だった。
火垂るの墓も悲しいし、切ないし、苦しい気持ちになるけどこれも結構キツい。

2020030608.jpg

「はだしのゲン2」は前作から3年後の話。
戦後の日本を逞しく生きるゲン達の物語。
浮浪児問題が中心の内容。前作の衝撃よりはマイルドだけど
実際あの時代を生きろと言われたらあまりにも辛すぎる。。
皆毎日を一生懸命生きているけど報われない事も多い。

おじいさんも新たな家に誘うシーン、火傷を舐めるシーン、
お母さんと一緒に内職するシーンが特に好きです。

両方とも劇場版アニメという事もあって内容は凝縮されていた。
ちなみに漫画のはだしのゲンは読んだ事ないです…。


この2作品を見た後はNHKの証言ライブラリーのヒバクシャの手紙を読んだ。
8月6日の8時15分からの地獄が生々しく綴られておりあまりにも惨すぎると思った。
今でも後遺症に苦しみ、家族や世間の事を思うと
自分が被爆者という事も打ち明けられずに苦しみ、、、





色々と悩んだ結果、アンドロイド搭載のタブレットを購入しました!

2020030401.jpg

少し遅くなったけど自分への誕生日プレゼントです。

購入までの思考の移り変わりとしては、

①読みやすい電子書籍端末が欲しかったのでKindle Paperwhiteを候補に入れていた。
32GB広告無しでも1万7千はする。漫画約650冊、書籍なら数千冊。
6インチで182gは魅力的に思えた。
E Ink(イーインク)ディスプレイは目にも優しく、紙のように読みやすいという。

②次にFire7タブレットに目が移る。
同じ32GBでも8千円で購入できるというのが魅力的だった。
解像度は171ppi。7インチで286g。
しかしいくつかレビューを読んでみると挙動的にあまり芳しくなさそうだった。

③価格ドットコムを見ていたら「Lenovo TAB M7」が気になった。
6インチ、16GB、RAM1GB、236gで1万円!!
かなり惹かれたがレノボのメーカー直販サイトへ行ってみると
「Tab4 8 Plus」が8インチ、64GB、メモリ4GB、300gという便利そうなスペックで2万だった。

しかしまだKindle Paperwhiteにしようか
低価格な普通のKindleを試してみようか…と悩んでいた。

で、結果的には「Tab4 8 Plus」を買う事に決めました。
設定で少しマシになる方法はあるらしいんだけど
Kindleのページ送りの動画を見たら
漫画をページ送りした時の白黒反転が気になりまして…;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Tab4 8 Plus」はiPhoneやiPadと比べるとアクセサリーの選べる種類は少ないです。

・Asng Lenovo Tab 4 8 Plus ケース 三つ折りスタンドカバー
超薄型 超軽量 マグネット オートスリープ PU レザー(紺色)

・Gosento Lenovo Tab4 8 Plus 強化ガラスフィルム 硬度9H
2.5Dラウンドエッジ加工 旭硝子製 高透過率


を追加で購入。

フィルムはかなり綺麗にはれました!(風呂場でやったけど)
ケースはサイズが丁度よかったので両方とも当たりだと思いました。

横着してスイッチのACアダプタで充電したら全く充電されなくて
その上、スイッチ自体が充電できなくなって焦りました;

結局タブレットに付属されていたアダプタを使ったら赤いランプが付き、ちゃんと充電できた。
スイッチの方はACアダプタをコンセントから引っこ抜いてもう一度挿したら直った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【読んだ本とか】

2020030501.jpg ゲームデザイン脳 桝田省治の発想とワザ

「リンダキューブ」や「俺の屍を越えてゆけ」で有名な
桝田省治さんによるゲームデザイン中心の本。
桝田さんの考え方や経験の詰まった一冊という感じです。

アルファシステムの旧インフォメーションのコラムが面白かったので本にも興味を持ったのかな?
もう本を購入した当時の自分の気持ちが思い出せないorz

寝る前とかに少しずつ読んでいたので読み終わるまでにだいぶ時間がかかりました。
半年くらいかと思いきや買ったのは2019年の3月…。ほぼ1年経っとる。。

164頁の「あまりに面白くて徹夜して学校サボっちゃいました」で
『こんな感想を読まされるほど不愉快なことはない』っていうのが衝撃だった。
理由を読むとごもっとも…と理解できるけど。。
のめりこみすぎずに、気晴らしの一つとして楽しんでもらうのが嬉しいようだ。

天外IIIになる予定だった設定や内容を再構築して小説化したという
「ハルカ 炎天の邪馬台国」&「ハルカ 天空の邪馬台国」が気になりました。


2020030601.jpg ゆこさえ戦えば(3)

3巻の主な内容はゆこが雀皇団に入ったり(戦闘員として入団した自覚はゼロ)、
暦&ジュエルの強敵コンビと出会ったり(出会ったって言えるのか謎だけど)。

裏街へのおでかけの話が特に好き。
イン&オフにお姉さんっぽく振る舞うゆこがかわいい!
悪魔凱戦の運営幹部ギャモンがイン&オフに甘いのもかわいい!!

ゆこがミウの動画に出演した事でこれから物語がどう動いていくか楽しみだ。
いつものように予想を超えたマイペースっぷりで
穏便に済ませられるのか気になるところ。





もう2月も終わりですね。

ついに新型コロナ対策で全国の小中高に休校要請がされたようだけど
これで春休み前から出歩く子供たちが増えそうだと思った。
あまり自宅待機って期待できなそう。
けど集団で長時間過ごさない事で感染拡大を少しでも回避できるだけマシ??

…って、病気だけで考えるとそうなんだけど
3月っていう学年最後の時期と考えると
小6、中3、高3は特に影響が出そうですね。。

自分もコロナやインフルに負けないように免疫力を上げないと!!
もう花粉にはかなりやられてますけどね;
くしゃみ、鼻水、目の痒みが辛い!
ここ数年は花粉症の時期になると自然に二重になります;


■私が幼かった頃に祖母が読ませてくれた
昔話の分厚くて大きい本をネットで探してみたのですが
断片的なワードを入れてもそれらしきものに全くヒットしなかったです。
(人参、ごぼう、大根の風呂の話と干支の順番の話くらいしか覚えてなかった;)

たまに思い出したようにそういう探し方をしていたのですが
先日、病院の帰りに立ち寄った古本屋で見覚えのある本を発見!
まあまあ経年劣化はしていましたが
もういつ巡り合えるかわからないので購入してしまいました(それでも2000円)。

子どもに語る 昔ばなし212話

2020022801.jpg

天気の良い日に虫干ししてから読みたいと思います!


■あいみょんの「さよならの今日に」のメロディと歌詞が心に刺さったので最近よく聴いています。
知ったきっかけは有線ですけどね(^▽^;)



こういう系の曲だとSuperflyの「Wildflower」や、YUIの「LIFE」とかも好き。





dアニメストアを眺めていたら面白そうなアニメを見つけたので一気に観てしまった。
寄宿学校のジュリエット(全12話)です。

2020021201.jpg

ダリア学園には2つの国の生徒が通っている。
東和国とウェスト公国。隣り合う両国は敵対関係にある。
東和国の黒犬の寮とウェスト公国の白猫の寮も敵対していた。
そんな黒犬寮の1年生リーダー「犬塚」と
ホワイトキャットの1年生リーダー「ペルシア」を中心としたラブコメです。

二人の関係は表立って公表できないのもあって
二人の恋路は命懸け。

ペルシアの誕生日騒動の一件で、
犬塚が監督生になってこの学園を変える事を目指すという
決意をしたところで終わった。

まだ始まったばかりな感じだ。

しかしamazonで確認してみたら原作はもう16巻で完結しているんですね…。
表紙は花嫁姿で幸せそうに微笑むペルシアだったけど幸せな結末になったのかな?

個人的な意見だけど「かぐや様は告らせたい」を好きな人は
この作品も好きそうだなあと思いました。


【読んだ本とか】

2020021601.jpg 読書力(岩波新書)

「読書をしろ」「本を読みなさい」って良く聞く言葉だけど
読書をする事で具体的にどういうメリットがあるのかがわからなかったので
参考になりそうな本書を購入してみた。
(読書をビジネスに利用したいとか、難しい専門書を読みたいとか意識の高い目的はないです)

読みやすい本だったけど1週間くらいかけて少しずつ読みました。

・要約を言えればその本を読んだという事になる。
・4年区切りで新書50冊、文庫100冊の読書量が望ましい(「読書力がある」ライン)

言葉を多く知る事が出来る、自己の形成に重要な役割を持つ、
というのが「なぜ読書をした方がいいか」という答えらしい。
色々な人物像を知る事でコミュニケーション能力的にも役立つ。
人物の型というのが把握しやすくなるらしい。
情景を思い浮かべたり、登場人物の声を想像したり…
そう考えると読書って想像力を鍛えてくれるものでもあるんだな。

私は全然読書をしないし、難しい本にも興味ないけど
本屋で面白そうな新書があったら買ってみようかなとは思った。

読書について考えた時に、
高校の時に図書室で借りて読んでいた本の
作者が思い出せなくてモヤモヤしたんだけど
頑張って探してみた結果「市川拓司」さんだとわかりました。
なんか男性が失恋する系の悲恋っぽい話が多いのがツボで
この作者の本はいくつか読んでました。
あとはファンタジーものとか読んでたわ、あの頃は。






最新記事