FC2ブログ



今回は獅子座の迷宮で星授を奉納したところまで進みました。
まだ2つしか迷宮をクリアしてないのにもう27時間もプレイしてる;

夏霧5F奥のボス撃破(11月2週目)、天川炎帝10F奥のボス撃破(12月3週目)、
獅子座15F奥ボス(火属性・攻撃&素早さ強)強すぎて負けた。
蟹座15F奥ボス(土属性・範囲攻撃&タフ)強すぎて負けた。。
秋風5F奥ボス撃破(2年目4月1週目)、冬凪5F奥ボス撃破(2年目5月3週目)、

獅子座15Fケガレ神撃破!(2年目5月4週目)

獅子座のケガレ神は長期戦でした…。
子じゃなくて駒として見ないと勝てない戦いだった。

A:マジシャン(光)×2人、マジシャン(水)、クレリック
B:パラディン×2人、アーチャー×2人
C:モンク×2人、マーチャント、ファイター

ナオトはボスに攻撃されるとすぐ死んでしまうので
安全地帯から延々とキズナの破片を使いながら
星の子チームに少しずつボスのHPを削らせて勝利した。

やっとの事でボスに勝ったと思いきやそこからセーブできず
長々とイベント会話が始まった時は冷や冷やしました;
もし万が一フリーズしたりUMD飛び出たらまた何度か挑戦しなければいけないところだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・星の乱れは1200年前にも起こったという記録が発見された。
・星屑の迷宮には12星座の迷宮以外に「第13の迷宮」があるらしく
 それもケガレが増え続けている原因だという。
・マナは100年前に国の魔術師によって迷宮から連れ出されたケガレ(吸血鬼タイプ)らしい。
 マレビトのおかげで処分されずに済み、それから国に仕えるようになったという。

巫女達とのお花見イベントはコレットのアンパン&膝枕、
ファルンの語る理想(二人旅)が良かったです。

2019042601.jpg

ファルンは基本虚勢を張っている事が多いから
ポロっと本音をこぼされたり、弱気な面を見てしまうとギャップでグッときてしまう。


街レベル:6

東條ナオト(Lv.21)HP1862/MP873 E:グランリッパー/クロスアーマー/マナチャーム





今回は牡羊座の迷宮で星授を奉納したところまで進みました。
その後は春以外の季節の迷宮に潜っています。
秋風3F突入、冬凪3F突入で現在は9月3週目(秋)。

4つの季節の迷宮をバランスよく探索すべし、らしい。
今の季節とその該当する季節のケガレは活発になるようなので
今の季節&春以外の迷宮にちまちまと潜っています。

星授を奉納する事で巫女達の好感度の上限がアンロックされていくみたい。
今は2つ目の枠のMAXを目指しつつ、星の子を少しずつ入れ替えつつ…って感じです。
好感度によっても星の子のレベル上限が決まるようです。
今だと大体30少しまでしか上限が伸びないのでその辺りの星の子と入れ替え中。

交流する巫女も大体決まってきました。
レオーネ(保険医)、ファルン(旅の踊り子)、コレット(パン屋)とよく交流してます。

レオーネは医者になる前はストリートで格闘試合をして稼いでいたらしい。
本当に医者になりたかったのは弟か…。
あと、レオーネは甘いお菓子は苦手で、おつまみ系が好き。
これはかなり共感できる!(ぇ

ファルンは本心ではナーバスになってるけど明るく振舞って隠しているのがわかりやすかったな。
家族からの手紙を読んでいつもと違う様子になっていたり…。

コレットは祖父母から継いだ老舗のパン屋を一人で切り盛りしていた。
けど最近になって近くにチェーン店のパン屋が出来た事で悩んでいたようだった。
実は大人(?)だけどそのかわいさを利用しているところが
コレットだと嫌味を感じさせないのが凄い。
「お兄さん」って言っても妹キャラでもないし、しっかりしてるし…。
彼女の「パン有引力」にやられてパンが食べたい気分になります。。


UIやシステム周りは2の方が遊びやすくなってるけど
キャラクターとの交流はこっちの方が圧倒的に面白いと思います(個人の感想です)
キャラの仕草や表情もめっちゃかわいいし。

あ、そういえば牡羊座のケガレ神(光属性)には初戦で勝てました。
道中の敵は結構手強かったから不安だったけどなんとかなって良かった。


街レベル:6

東條ナオト(Lv.13)HP1298/MP637 E:グランリッパー/クロスアーマー/マナチャーム





「コンセプション 俺の子供を産んでくれ!」をプレイしてみようと思います。
タイトルがド直球なのがインパクト大なゲームですよね。

2019042301.jpg

中学、高校の頃は「そんな声出しちゃイヤ!」という漫画の初回限定版を
近所の本屋で予約して買ってました。
CASTが清水愛さん、櫻井さん、宮田さん、と超豪華でしたよ。
今思うとこのタイトルを店員さんに言って予約していたと考えるとゾッとしますね(ぇ

ちなみに本作はコンセプション2のクリア後に某ショップにて300円で購入しました。
これと一緒に購入したゲームがアキバズトリップ(脱衣ゲー)と
クリミナルガールズ(おしおきゲー)だったから
もしかしたら店員さんは「ヒェ…」って思ったかもしれないね。しょうがないね!(開き直り)


今回のコンセプションはヒロインが12人(迷宮には連れて行けない)。
星の子は4人×3チームです。
ヒロインは12星座の巫女で、
その巫女が対応する月に愛好の儀を行うと強い子が産まれるらしい。

星屑の迷宮は15Fが最下層で、5F毎にケガレが強くなっていく。

主人公の名前はデフォ名の読み方がわからなかったので
「東條ナオト」にしました。誕生日、血液型は自分に合わせました。

2019042302.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イトコのマヒルは学園の人気者らしい。
そんなマヒルの放課後屋上に呼び出されて
「妊娠しちゃった」と言われる(主人公に思い当たる節は無し)
そしてあっという間に別の世界の「グランバニア王国」に召喚されてしまう二人。

マヒルは思い込みが激しい&ナオトへの当たりがキツい。
まあ初っ端からデレデレされるよりはいいけど。

2と比べて本作の方が言葉選びがダイレクト。もう下ネタになってるレベルだ。

国王に頼まれてこの世界を救う事になった。
この世界は「星の力」によって成り立っている。
「ケガレ」という魔物達が巣食う「星屑の迷宮」。
その迷宮の中にある12個の「星授」というお守りが力を失うと
ケガレが溢れ出してこの世界がヤバイ。

「星授」がなくなる前にマレビトが現れ、
この世界を救うシステムになっているらしい。
そしてこの世界を救えば元の世界に戻れる…みたい?

本来なら10年毎に1つの「星授」が力を失うようになっている。
けど今はイレギュラーな現象によって
12個全ての「星授」が力を失い、ナオトの身体には12個の刻印が出ている状態。

迷宮に潜り最深部の「ケガレ神」を倒し、
力を失った星授を回収して、新しい星授を奉納するのがナオトがやるべき事。

巫女は星授を生み出し、それが力を失うまでの120年間
巫女のつとめを果たし続ける宿命だという…。老いる事なく。
結構重いなあと思った。。

本作の設定は結構凝っているなと思いました。2の時ともまた違う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は4月1週目で春陰の迷宮4Fまで進みました。
あと挨拶していないのはユズハ、タルア、マヒルくらい。

ちなみに現時点で一番気になるのはレオーネで、
次に好感が持てるのがファルン、コレット、ミレイって感じです。
ルカは人の心を読めてしまう事&嘘がわかってしまう事を気にしていたけど
それが別世界から来たナオトには通用しないっていうところがある意味王道で良いですね。

レオーネは最初から頼れるお姉さん(保険医)だと思っていたら、
実は5年前に亡くなった弟にナオトがそっくりで動揺してしまうという
不安定な面も見えてきて更に気になってきました。

ファルンは旅の踊り子だったけど突然巫女として選ばれ、
グランバニアにしばらく滞在する事になった。一応お姉さんキャラ?

コレットはナオトを「お兄さん」と呼ぶ。
パン屋を経営しており、自分でパンを作ってそれを自分で売っている。
あんなに子供っぽい見た目なのにちゃんと働いているところにガッツを感じた。

ミレイはナオトに研究対象としての興味を持っている様子。
理知的で、巫女としての務めもさっぱりとこなしてくれるところが頼りになる。


街レベル:1

東條ナオト(Lv.3) E:シミター/布の服/マナチャーム






最新記事