オモシロ選択肢が増えてきてだんだん恐怖が薄くなってきた。
それでも暗闇に一瞬見える目には慣れないなぁorz

あと、何度も見ているのに毎回ミイラ登場で驚く;
『ててて ててて ててて~↑』とあのグラフィックの相乗効果…。

個人的には一番のハッピーエンドはドッキリのやつだなぁ。
でも、一番感傷的になる話はナオミが直樹を人間の姿に戻そうとするエンディング。
一番印象に残ったのは1周目でナオミを連れ出してしまったエンディング。
燃える屋敷をバックにナオミが髪をあげて額を見せるシーンは
写真も映像もないのに想像でそのシーンが脳裏に焼きついてる。

9周目以降は大体モンスター一家か奈美のシャドウの話にいってしまうので
ちょっと飽きてきてしまったが頑張ってまた火傷のルートへ行こうとした。
けど同じエンディングでもドッキリ大成功の続きで追試験になったり、
屋敷を出てからさっさと帰ろうとしたら奈美が牙をむいて
貴洋が死を迎えたり…という新たな展開になったりした。

とりあえずピンクのしおりまで行けたので満足です。

っていうか最初に『恐怖が薄くなってきた』と書いたけど
火傷ルートへの道を探り始めた辺りから何故か恐怖がぶり返してきて
夜がちょっと怖く感じるようになってきてしまった('A`)
やっぱり私はホラーが苦手みたいだ。


5周目~


5周目では奈美の呼び方が「貴洋ちゃん」だった。
それに合わせて今回もおかしめな選択をしていったら
飢えて死んでいった弟による家族への復讐劇のシナリオに…。
今回は新たにイタズラ玩具部屋やワラ人形だらけの部屋も登場。
そしてヨロイ父、ミイラ母、ゴースト姉、怪魚弟の豪華オールキャスト!!(ぇ

思えば最初の「ヤキトリ!」は伏線だったのだろうか。。
父が食べ物じゃないものも食べてしまうぐらい執着していたのは
前のシナリオでも語られていた(柱も食う事など)けど
あれも共通の設定ではあるのかな?

それにしてもよくあの状況で無事に生還できたなぁと思う。
それもあの一家の家族愛のおかげだよね…。奈美が大事だったんだ。

6周目は「貴洋様」。
おっかけかな?という感じの呼び方に;
人形たくさん部屋や室内プールが新たに登場。
陽気な妖怪一家。ミイラ母、ヨロイ父、怪魚弟、バンパイヤの姉妹。
ミニチュア生首コレクション公開の時点でOUTかと思いきや今回も二人で屋敷から脱出できた。
けど吸血鬼として目覚めてしまった奈美はこれから辛いだろうなと思った…。

7周目は「貴洋どん」。
昔からこの館に続く母の双子殺しの呪い。
貴洋の剣の選択で壁にされた時は失敗したかと思ったけど
呪いに打ち克った母のおかげもあって二人で屋敷を脱出できた。
最初の「オレが作った道じゃねーんだから知らねえよ!」ってキレるのが新鮮だった。

8周目は「貴洋くん」。
今までエンディングがかぶらずに来れたんだけど
ついに6周目と同じ展開&エンディングになってしまった(妖怪一家)。

…と思いきやエンディングに続きがあってその内容に驚かされた。
イタズラ好きの一家による『貴洋が奈美の婿にふさわしいか』のテスト。
ドッキリ大成功だね!!合格で良かったわw
今までのエンディングの中で一番安心&脱力した。
不幸になった一家なんて存在しなかったんや…。

2017112301.jpg

とんで14周目にはナオミの妄想が酷くなっているエンディングを迎えた。
直樹の海で見たものにより『病気で弟を失った』という事がナオミの妄想だと知った。
再び火傷の話へ行く為に試行錯誤したよ…(汗)

15周目では結末は1周目と同じになってしまったけど
ナオミの日記を読むルートへ行けたので良かった。
こっちでもナオミが精神的に病んでいてヤバかった。。
けど燃え盛る屋敷から「貴洋どん!!」って叫び声がしてイマイチ締まらなかった;

16周目、ついにピンクのシナリオに突入!

2017112302.jpg

前々からこの無人の屋敷に目を付けていた貴洋はついに
奈美をそこへ連れて行ってはじめての夜を迎えようと試みるが…という感じの内容。
煩悩がダダ漏れですよ。選択肢もピンクな内容ww
そしてとにかく貴洋や奈美の発言がメタい!!
最初のミイラのくだりで「怪魚はマダでしょ!」とか
母子手帳のくだりで「同じことばかり言って、もういい加減疲れちゃったけど」とかw
あと、はじめての「貴洋センパイ」呼びだった。

ベッドネームってググると医療関係の内容しか出てこないんだけど
多分ベッド上で呼ぶ名前って事だよね、ナミィ…。





ずっと気になっていた弟切草を購入!

2017112001.jpg

弟切草は高校の時にガラケーでアプリ版を少し読みました。
確か屋敷に着いて早々の水槽の辺りで読むのをやめた気がします。
なんでやめたのかは謎ですが…(汗)
なのでほぼ初プレイといってもいい状態でプレイ開始。

とにかく選択肢も多くて面白いです。
行き当たりばったりでも楽しめる。推理ゲームでもないし。
セーブが出来ないのは難点だけどそのおかげもあって
選択肢を選ぶ時に緊張感があります。

夏の夕暮れ、テニスの帰りに山道を走っていたら車が事故に遭ってしまい、
雨にも降られてしまって困っていたところ
弟切草の咲き乱れる場所に建っていた洋館を発見。
主人公と恋人の奈美はその洋館で雨宿りしようとするけど
その洋館は奈美に縁のある場所だった……っていう感じのストーリー。

洋館を探検するうちに奈美の忘れていた記憶がどんどん蘇ってきて
双子の姉ナオミの復讐劇に巻き込まれたり、巻き込んだり。
どのルートでも「復讐」っていうのはテーマなのかも。
でも弟切草の花言葉は「怨み」「秘密」「迷信」「敵意」らしい。
西洋では魔よけに使われていたり、
傷薬に使われていたりとそんなに悪い感じではなさそうだけど…。


↓ ここからは各エンディングのメモ(※ネタバレ注意) ↓


主人公の名前は貴洋(たかひろ)にしています。
1~4周目まで。


初のエンディングは奈美と逃げたと思っていたらナオミで、
本当の奈美は焼け崩れる屋敷の中に取り残されてしまっていたというEND。
敗因はピアノホールへ言ってナオミに屋敷から出て行くように言われたところなのか
それとも食堂で椅子に縛られている方を奈美だと信じてしまった事なのか…。

2周目は奈美のシャドウと屋敷(母)&ナオミの魂が戦ってくれて
主人公と奈美は無事に屋敷から脱出する事ができた。
母もナオミも奈美の事を愛していたんだと思うと切なくなるエンディングだった。。

けど2周目は1周目とは内容が異なっていて、
屋敷でポルターガイストが発生したりとオカルトチック。
奈美が養子に出された理由も父と二つ下の弟が交通事故で亡くなったからだとか
1周目とは若干過去が異なっていた。ミイラの正体がナオミなのは共通なのかね。
6年前にナオミが14歳って事は奈美は今20歳なのかぁ。

3周目は物語の導入部分から変化が。
川遊びの帰りになっていたり、奈美が主人公を呼び捨てにしていたり…。
ストーリーを進めている途中で『奈美のシャドウ』と同じ展開になりそうな雰囲気だったけど
2周目で選ばなかった選択肢を選んでいったら話の展開がだいぶ変わりました。
昔、母の運転する車に乗っていた奈美とナオミと弟の直樹は事故に遭ってしまい、
奈美は養子に出され(養子先では良家のお嬢様として育てられたっぽい)、
直樹は身体が不自由になり車椅子生活、ナオミはその世話をしていたという。
ナオミは怪魚になってしまった直樹を人間の姿に戻す為に動物の死骸とかを集めていたらしい。
2周目の事も含めてこの一家は家族愛が強いんだなと実感した。
皆が互いを思いやっていたのに悪い方向に進んでしまったという悲しさ…。
燃え盛る屋敷からは脱出できたけどミイラ母、ナオミ、直樹の事を思うと切ないエンディングだった。
直樹は12歳の姿のまま怪魚から出てきたのかな?『美しい少年』という描写があったし。

4周目はついに奈美が「貴洋殿」と呼ぶようになってしまった。
そんなノリに合わせてなるべくシュール&ギャグ&茶目っ気のある回答を選択し、
「奈美を愛している!」という部分はブレないように物語を進めていった。
そしたら奈美の母による貴洋父への復讐ストーリーに…。
貴洋が白髪の中年男に変えられようとも、奈美がミイラになろうとも
二人の愛を貫いた結果屋敷から生きて脱出する事ができました。
干からびた魚をムシャムシャ食べたり、実験室に入ったり、初めてがいっぱい!!(ぇ
最後に弟切草がライラックの花畑に変化するシーンは切なかった。初恋の痛み。。





最近名作&長編RPGを立て続けにプレイしたからなのか精神的に疲れてしまった。
なので楽しくてワイワイした雰囲気のゲームをやりたいと思いネットハイを購入。

…久々にVITAに触ったな。

2017111703.jpg

MCが現れてからツイイッターのフォロワー数とリア充ランキングによって
全てが決まるようになってしまった非比谷の街。
ENJバトルが始まってから更にその格差は広がってしまい非リア充は虐げられ、
ゾンビアカウントは社会的な保障を受けられなくなり存在すらも失われる
暗黒の時代がやってきてしまう。
最初に見せしめとして炎上させられてしまった『あの子』を助ける為に
非リア充の『俺』がリア充達に戦いを挑む…という感じのストーリーです。

2017111701.jpg

なんかグレンラガンとかキルラキルを彷彿とさせるキャラデザですね。
俺氏とかほぼカミナの兄k(ry

自分は非リアの部類に属するのでこのゲームのターゲット層にピッタリだったわ。
その上ネットスラングやらネット上でのお約束など盛りだくさんで更に楽しめた!
まゆたんのカンフーは不意打ち過ぎて特にヤバかったww
かなり広範囲までカバーしてるよなあ。

開幕早々ゆかなさんボイスのMCに罵られるのはなかなかに素晴らしい(ぇ
もしMだったら尚更たまらなかったとオモイマス(//▽//)
最後の方になったらこのMCのテンションがないと
物足りないと感じるくらいにまでなってしまった。

リア次とヒリ也がガチャピンとムックみたいだな~とか思ってたけど
本当に両方とも中の人が同じだったとは…;
凄く似ているモノマネだと思ってたよ。

ヒントも多くENJバトルもやりやすくて
アニメを観ているような感覚で楽しめた。
捜査行動に時間制限や行動制限がないのがありがたかったなぁ…。
(リア充体験は後半になると出来るキャラが絞られてきたが)

ランキングに載っているリア充と順番に戦っていくんだけど
とにかく真実の姿を暴いていくのが楽しい!!
それがあるから最初から最後までモチベーションが下がる事なく一気に遊んでしまった。
昨日の敵は今日の友っていう感じに少年漫画っぽい展開も好みでした。

皆リアルでの自分を嘘で塗り固めてリア充を演じているっていうところが
なんか色々と考えさせられたよ。

チャプター1 『俺氏 大地に立つ』 → 超一流の…

チャプター2 『ウソつきはお姫様のはじまり』 → セバスチャン!セバスチャーン!?

チャプター3 『歌ロイドはリア充の夢を見るか?』 → 幻の歌ロイド

チャプター4 『非比谷の中心で愛を叫んだ嫌儲』 → 真愛ピッピとの愛はetarnal

チャプター5 『留年期の終わり』 → 凶暴なバンビーナ

チャプター6 『俺氏451』 → J( 'ー`)し

チャプター7 『我はリア王』 → フラグ建築乙

チャプター8 『流れよ我が涙、と俺氏は言った』 → 理解できません

チャプター8でのENJバトルでゴシップノートの一覧見た時、凄く泣けました…。
というか俺氏がMCの口上を述べるところでもう涙腺が・゚・(つД`)・゚・

でも最後はネットハイらしい笑えるエンディングでしたw
クリアまでのプレイ時間は約21時間。

トロフィーに『リア充体験でフトモモに100回触った』とか
『リア充体験で胸に100回触った』とか恐ろしい項目があるんだけど…。
ゲームキャラとはいえ怖くて出来ないぜ…(((( ;゚Д゚)))

ちなみに一番会いに行ったのはヒメでした。
あのジト目とツンデレっぷりがたまらん!
お姫さま抱っことか頭なでなでとか乙女ゲームやってる時は全く気にしてなかったが
このゲーム内だと頭がフットーしそうだよおっっ(別の意味で)って気分にorz

ちょっと心残りだったのはシュタイガーのパン娘について追求せずに終わってしまった事。

2017111702.jpg

真実が暴かれて特に怖かったのはGLG(ヤケになった姿が)
あと、大洋Pのリア充姿と真実の姿の時の声のギャップに驚いた。
玄田さんの若いキャラって珍しいなぁという印象だったので新鮮で良かったですb

この街では理想のリア充姿がで他の人の目にも映ってしまう理由、
シルとMCの正体、リア充ランキング各ランクのチャンピオンの真の姿、
情報を得る為に話しかけていたモブキャラ達にもそれぞれストーリーや重要な役割があったりと、
自分でプレイしていくと次々と疑問が解消されていく。
ネタバレを見てしまうとそれらが半減してしまうと思うので
この感想には核心をつくような内容は書かなかった。

凄く楽しめるゲームでした。
ありがとうネットハイ!!!






最新記事